今こそ喜納昌吉① 隣人だった『ハイサイおじさん』の過去

 

自分たちが興奮できる文化を自分たちで

 しかし、沖縄民謡とその他のジャンルをミックスさせるという手法は、りんけんバンドやBEGINといった、いわゆる「沖縄ポップス」でも名をはせるバンドの先駆けとなり源流となったことも確かだ。

 そんな喜納は今の沖縄の音楽シーンをどう視るか。

 「一番人が入るイベントが『おやじラブロックフェスティバル』でしょう。それ自体は良いことだと思うんだけど、沖縄が基地問題も含めてさまざまな課題を抱える中で、ミュージシャンに力がなくなっている」

 そのことを危惧しながら「“沖縄ブーム”は“沖縄ムーブ”に変えていかないと」と、一過性な流行ではなく、沖縄自身から巻き起こすムーブメントの必要性を強調する。

 「沖縄は、アメリカから借りてきたような文化で盛り上がろうとするのは限界がある。自分で勃起できるような文化を切り拓かないと。沖縄の(文化的な)“復帰”運動は、間違いなく“勃起”運動だ。アメリカの金玉の興奮を借りたらダメだ」

 「勃起運動」とのすさまじいインパクトがあるフレーズにこちらがケタケタ笑うと「ウケたな、ワハハ。ウケたなぁ」と喜納も嬉しそうに笑っていた。

上品も下品も、全てを混ぜて

 喜納はこのように、敢えて性的な言葉や下世話な表現をすることがある。これには、本人なりの意味がある。

 “品(ひん)”を食べ物に例えて話す。「上品なものというのは、見た目は美しいけど、味が物足りないんだよ。下品なものは、味は美味しいけど臭くて耐えられないんだよな。中品というのもあってね。どっちつかずで中途半端になっちゃうんだ。だったら上品も中品も下品も、全部一緒に食べてしまえばいい。そうすることで、絶品になる

 何かを区切ることに囚われない姿勢は、喜納の音楽にも表れている。

 庶民の生活を歌いながらも師匠から弟子へと受け継がれる民謡と、当時の時代背景では「不良だ」とも言われたロックの要素などを混ぜて、絶品へと昇華させた。特に、代表曲の一つでもある『花~すべての人の心に花を~』は、世界60カ国以上のミュージシャンにカバーされ、同曲がヒットした中国や台湾では一般層にも浸透している。

 「『花』を出した時は、酷評されたんだから。何やっても僕のことは悪く言うんだよな。でも、日本のミュージシャンたちが触れきれないところを触ったっていう自信があったわけだね」

■関連リンク
今こそ喜納昌吉② 39年ぶりの新曲は、なぜ突然演歌だったのか | HUB沖縄

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ