今こそ喜納昌吉① 隣人だった『ハイサイおじさん』の過去

 

 おじさんもこの曲そのものも、元を辿ると沖縄戦の悲劇に起因する。
 「戦後は精神的に異常をきたした人が多くて。畑一つ分離れた近所の人でね。しょっちゅう酒をもらいに来るんだけど、(家族など)大人がいる時には追い返されるから、僕がいる時にだけ来るわけさ。戦争終わって仕事もなくなって、酔いつぶれていたよ」

 喜納少年とおじさんの間に、徐々に交流が生まれていった。「おじさんのこと助けてあげようね」と伝えたその瞬間、一気に曲が出来上がっていったという。「あれは不思議だったよね。その途端に、下から湧いてきたというか上から降ってきたというか。一瞬でできたよ、一瞬で」。その時に使った楽器は三線ではなく、マンドリンだった。1音1音が短い音色には、どことなく共通点がある。

 戦争の傷跡は、おじさんの妻にも及んでいた。同じく精神に異常をきたした妻が、実の娘を殺害し、首を切り落とすという凄惨な事件を起こしてしまう。

戦後の業が、このおじさんに集まっているんだよ」
 明るく楽しげなメロディの裏には、その悲しさも苦しさも内包していた。

「ハイサイおじさん甲子園論争」を語る

 その『ハイサイおじさん』を巡っては、ある議論が巻き起こった。甲子園の沖縄県勢の応援歌の定番となった同曲が「酒飲みのおじさんや遊郭を歌った曲は甲子園の応援に相応しくない」という批判を受けて、一時期演奏が控えられたからだ。

 これに対して喜納は「遊郭がどうこうとか言っているけどね、女の人のことを歌った歌なんかたくさんあるじゃない。そんなこと言っていたら沖縄の民謡は歌えなくなるよ、はっきり言って」と声を大にする。

 喜納はその歌詞や音楽スタイルを巡って、よく批判の対象にもされてきた。77年デビューの「喜納昌吉&チャンプルーズ」は、沖縄民謡にエレキギターなどをロック的な要素を混ぜ込んだことから、民謡関係者らから「面白いけど、文化にはなりえない」「邪道だ」との厳しい評価を受けた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ