西表炭坑描いた『緑の牢獄』が台北映画賞にノミネート

 
ドキュメンタリー映画『緑の牢獄』を撮った黄インイク監督(ムーリンプロダクション提供)

 今年3月から県内で公開されている1960年代まで八重山列島の西表島にあった採炭場「西表炭坑」を巡るドキュメンタリー映画『緑の牢獄』(黄インイク監督)が、台北映画祭(Taipei Film Festival)で計4部門にノミネートされた。台北映画祭は台湾で最大規模の映画祭で、黄監督が台北映画賞にノミネートするのは、石垣島の台湾人移民一家を描いた前作『海の彼方』に続いて3度目となる。
 黄監督は沖縄在住で台湾出身のドキュメンタリー監督・プロデューサー。台湾と沖縄を拠点にした映画製作・配給会社を2019年に設立して、映画カルチャーを発信している。

【関連記事】
沖縄発の映画配給会社 アジア各都市巻き込み“文化の中継貿易”
西表炭坑に囚われた台湾人女性の強かさ 映画『緑の牢獄』が公開中

新人監督の登竜門に入選

 『緑の牢獄』は西表炭坑で炭鉱労働者の斡旋をしていた管理人の養女として、台湾から西表島に移り住んだ橋間良子(旧名:江氏緞)さんの晩年を記録している。インタビューを軸に、廃墟となった炭坑や島の自然をカメラにとらえ、稼働していた当時の写真や音声資料、再現映像も交えて島に住み続けた彼女とその家族に迫った作品だ。

 黄監督は「台北映画祭が『緑の牢獄』を2つのコンペティションに選出した勇気にとても感謝しています。本作は様々な国のメンバーで制作しましたが、皆、(劇中に登場する女性の)橋間さんの人生の物語に感動し、ドキュメンタリーの主人公を大胆で詩的に表現してくれました」とコメントした。

 国際新人監督コンペティションには台湾のドキュメンタリー映画として初めて入選。このコンペティションには過去に複数の日本人監督もノミネートしていて日本との関わりもあるほか、ベルリン映画祭の金熊賞の受賞者もおり、新人監督の登竜門としての位置付けになっているという。このほか、同映画祭の台湾映画向けコンペティション「台北映画賞」のドキュメンタリー、音楽、音響効果の3部門にノミネートされている。

 同映画祭は台湾での新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて開催の延期を決定しており、コンペティションの結果は9月23日~10月7日の開催期間中に発表される予定という。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
  2. 沖縄県議会
     開会中の沖縄県議会9月定例会は21、22日と代表質問が行われた。11人の県議が質問に立ち…
  3.  11月までに予定される衆院選を前に、沖縄県内の政局に波紋が広がっている。辺野古の基地建設…
  4.  「年中ビーチバレーが楽しめる沖縄に移住して、ちょこっと6人制バレーもやれたらいい…
  5.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵大寛組国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  2. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
  3. 文部科学省
     教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許更新制度…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ