沖縄発の映画配給会社 アジア各都市巻き込み“文化の中継貿易”

 

 本格的に映画配給事業に参入した会社としては沖縄県内で初めてとなる「株式会社ムーリンプロダクション」(那覇市)。設立者であり監督・プロデューサーでもある黄インイク(コウ・インイク/黃胤毓)さんは台湾出身で、映画関係の人脈などをフルに活かしつつ、沖縄を拠点にして国内外の作品を日本、台湾、香港、マカオの映画館に配給するという“映画の中継貿易”を行っている。同時に、他府県に比べて活発な沖縄の映画カルチャーを押し上げる一端を担う。

アジア各都市を結ぶ沖縄で国際的に映画配給

 ムーリンプロダクションは映像作品の製作・配給を行う会社で、黄さんが設立した木林電影(台湾)の沖縄支店を前身として2019年4月、那覇市内で発足した。同社配給の第一弾作品『大海原のソングライン』(ティム・コール監督)は、8月に都内を皮切りに全国各都市で上映された。県内では那覇市の桜坂劇場での1月16~29日の上映期間を経て、2月1日から3月5日までは沖縄市のミュージックタウン音市場で上映される。次いで、ロシアを舞台とする作品も6月に日本公開を予定しており、今後も年に数本のペースで配給していくという。

 映画配給は、買いつけた作品を各劇場に卸す役割を担う。企画制作などを担当する菅谷聡さんによると、国内ではほとんどの配給会社は東京周辺に集中しているという。「地方都市だと福岡と仙台にあるぐらいでしょうか。配給を事業の柱としてやっているという会社は県内では唯一です」と話す。

 国内でもムーリンプロダクションにしかない強みは、1つの作品を同時に複数の国や地域で配給するという点だ。黄さん自身が海外の映画祭を回って作品を買い付けるなどしている。黄さんは海外にも広く業界ネットワークがあり、そのことが沖縄を拠点に海外でもビジネスができる一つの要因となっている。

 菅谷さんは「沖縄から海外の映画祭に行って作品を買い付けるというのは、これまでになかった配給ルートです。日本だけではなく、台湾の映画館にも配給しています。海外のドキュメンタリーには面白い作品がたくさんある一方で、あまり日本には紹介されていません。国内だけでなく台湾、香港、マカオまでを巻き込んで発信できていることは、地理的優位性のある沖縄を拠点とする弊社ならではです」と話す。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ