沖縄発の映画配給会社 アジア各都市巻き込み“文化の中継貿易”

 

 また、地元発の映画が充実しているのも沖縄の特徴だ。菅谷さんは「プロダクションも作り手も多いのが特徴です。毎年のように『沖縄の人が沖縄を舞台に撮った映画』が出て、ロングランで人気がある作品も多いじゃないですか。最近ですと『洗骨』(2018年、照屋年之監督)などがそうですよね」と説明する。

合作の日本側として万国津梁

 沖縄を拠点に国際的な活動を重ねるムーリンプロダクション。今後の展開について黄さんは、沖縄に根差す大切さにも触れる一方で「沖縄を拠点にしても国際製作には日本として参加できますから、日本のフィルムメーカーとしても積極的に関わっていける強い会社になりたいという野心があります」と話す。沖縄から映画を通して、万国津梁の鐘を鳴らす。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵国場組大寛組

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ