首里の聖域から出土120点余 県立埋蔵文化財センターで企画展

 

 首里城公園「京の内(きょうのうち)」と呼ばれるエリアは琉球王国時代、さまざまな祭祀が行われた聖域で、中国や東南アジアとの交易でもたらされた陶磁器などが保管された倉庫もあった。県立埋蔵文化財センター(西原町)では京の内の発掘調査で出土した貴重な品々を展示する企画展「首里城京の内跡出土品展‐発掘された倉庫跡‐」を開催している。入場無料。

初の試み”原寸大の発掘現場”

 展示会場には1994年から3年間かけて調査が行われた倉庫跡の発掘現場写真がおよそ4m四方の原寸大で貼られていて、実際にその場に立ったような臨場感で、写真の上に立って見ることができる。さらに発掘されたものや状態の説明書きもある。説明してくれたセンター調査班の玉城綾(たましろ あや)さんは”分かりやすさ”も追求した企画展初の試みだと語る。

 「(発掘された)青磁のお椀を見ると14~15世紀中ごろの陶磁器だということや錠前、蝶番が発見されたこと、さらに地面の色が周辺と違うなど火事があった痕跡や規模から文献を当たると1459年の火災で焼けた倉庫跡だということが特定できました。(写真の上に貼られた)コメントも読みながら当時の様子を少しでも感じてもらえたらと思います」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  3.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  4.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  5.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ