首里の聖域から出土120点余 県立埋蔵文化財センターで企画展

 

 首里城公園「京の内(きょうのうち)」と呼ばれるエリアは琉球王国時代、さまざまな祭祀が行われた聖域で、中国や東南アジアとの交易でもたらされた陶磁器などが保管された倉庫もあった。県立埋蔵文化財センター(西原町)では京の内の発掘調査で出土した貴重な品々を展示する企画展「首里城京の内跡出土品展‐発掘された倉庫跡‐」を開催している。入場無料。

初の試み”原寸大の発掘現場”

 展示会場には1994年から3年間かけて調査が行われた倉庫跡の発掘現場写真がおよそ4m四方の原寸大で貼られていて、実際にその場に立ったような臨場感で、写真の上に立って見ることができる。さらに発掘されたものや状態の説明書きもある。説明してくれたセンター調査班の玉城綾(たましろ あや)さんは”分かりやすさ”も追求した企画展初の試みだと語る。

 「(発掘された)青磁のお椀を見ると14~15世紀中ごろの陶磁器だということや錠前、蝶番が発見されたこと、さらに地面の色が周辺と違うなど火事があった痕跡や規模から文献を当たると1459年の火災で焼けた倉庫跡だということが特定できました。(写真の上に貼られた)コメントも読みながら当時の様子を少しでも感じてもらえたらと思います」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ