JICA派遣教師 文化継承で沖縄とボリビアの架け橋に

 
理科の授業を行う山里さん(左)=ボリビアのコロニア・オキナワ(本人提供)

 毎年10月30日の「世界のウチナーンチュの日」まであと約1ヵ月に迫った。世界各地に約42万人いるとされる海外の県系人など、世界中のウチナーンチュが「ウチナーンチュであること」を誇りに思うと共に、これまで築いてきたつながりを継承、繁栄させようとの願いが込められている。県も「沖縄21世紀ビジョン基本計画」に言語や文化の継承を盛り込み、尽力している。

 1954年に戦後沖縄の過剰人口や土地不足の解消を図ろうと、ボリビアの東部・サンタクルス市への入植によって拓かれた「コロニア・オキナワ」。すでに世代は4世、5世と続いていき、文化継承に加え、ウチナーグチや日本語の教育も課題に上がっている。

 課題解決の一助として、国際協力機構(JICA)は県教育委員会と合意を結び、現職教員を現地校に派遣するプログラムを続ける。同プログラムによって2018年6月から約2年間、コロニア・オキナワの学校に派遣された山里将平さんに、現地での文化継承や参加の経緯などを聞いた。

今もなお残る言語と文化

コロニア・オキナワの風景(本人提供)

 琉球政府の移民政策により、コロニア・オキナワへの入植が始まったのが1954年。今では66年の歴史をもつ。教育機関は、「オキナワ第一日ボ学校」と「ヌエバ・エスペランサ日本語学校」の2校があり、午前中はスペイン語、午後は日本から派遣された現役の教師によって、日本語で授業が行われている。

 1986年、沖縄県からコロニア・オキナワの学校に現役の教師を派遣する「派遣教師制度」が開始されたが、沖縄県教育委員会により廃止が決定され、2012年に終了した。歴代の派遣教師は、日本語の教育はもちろん、沖縄から三線を持ち込んだりエイサーを伝えたりしていた。そのため、地域の人からの信頼や期待も大きく、「教育」や「文化の伝承」における派遣教師の重要性を訴える住民の声により、2015年から現在の「現職教員特別参加制度」として再開された。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  2.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…
  3.  華やかな松坂世代が誕生した1998年、沖縄最強のチームと言われながら、甲子園で1勝もでき…
  4.  沖縄の30〜40代男性に「沖縄で印象に残っている野球人は誰ですか?」と質問すると、必ずと…
  5.  白・赤・青カラーのミニスカートワンピースに、夏らしさを感じさせるサンバイザー。「真夏にビ…

特集記事

  1. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  2.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  3.  北谷町砂辺。国道58号の嘉手納基地第一ゲート前から一つ路地に入った住宅街にミットを叩く乾…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ