JICA派遣教師 文化継承で沖縄とボリビアの架け橋に

 
理科の授業を行う山里さん(左)=ボリビアのコロニア・オキナワ(本人提供)

 毎年10月30日の「世界のウチナーンチュの日」まであと約1ヵ月に迫った。世界各地に約42万人いるとされる海外の県系人など、世界中のウチナーンチュが「ウチナーンチュであること」を誇りに思うと共に、これまで築いてきたつながりを継承、繁栄させようとの願いが込められている。県も「沖縄21世紀ビジョン基本計画」に言語や文化の継承を盛り込み、尽力している。

 1954年に戦後沖縄の過剰人口や土地不足の解消を図ろうと、ボリビアの東部・サンタクルス市への入植によって拓かれた「コロニア・オキナワ」。すでに世代は4世、5世と続いていき、文化継承に加え、ウチナーグチや日本語の教育も課題に上がっている。

 課題解決の一助として、国際協力機構(JICA)は県教育委員会と合意を結び、現職教員を現地校に派遣するプログラムを続ける。同プログラムによって2018年6月から約2年間、コロニア・オキナワの学校に派遣された山里将平さんに、現地での文化継承や参加の経緯などを聞いた。

今もなお残る言語と文化

コロニア・オキナワの風景(本人提供)

 琉球政府の移民政策により、コロニア・オキナワへの入植が始まったのが1954年。今では66年の歴史をもつ。教育機関は、「オキナワ第一日ボ学校」と「ヌエバ・エスペランサ日本語学校」の2校があり、午前中はスペイン語、午後は日本から派遣された現役の教師によって、日本語で授業が行われている。

 1986年、沖縄県からコロニア・オキナワの学校に現役の教師を派遣する「派遣教師制度」が開始されたが、沖縄県教育委員会により廃止が決定され、2012年に終了した。歴代の派遣教師は、日本語の教育はもちろん、沖縄から三線を持ち込んだりエイサーを伝えたりしていた。そのため、地域の人からの信頼や期待も大きく、「教育」や「文化の伝承」における派遣教師の重要性を訴える住民の声により、2015年から現在の「現職教員特別参加制度」として再開された。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  初めて出場した九州地区大学野球選手権南部九州ブロック決勝トーナメントで初勝利を納め、準決…
  2.  奄美大島勢初の快挙。第149回九州高校野球鹿児島大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)…
  3. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  4. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  5.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組前田鶏卵国場組

特集記事

  1.  11日に東京都内であったプロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)。沖縄出身選手では亜細…
  2. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  3.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ