伝統菓子で地域の文化伝える 創業67年の外間製菓所

 

 那覇市牧志公設市場で戦後三代にわたり創業当初から変わらぬ味で郷土菓子を作り続けている菓子店がある。今年、那覇市長賞を受賞した創業67年目の「外間製菓所」だ。

 外間製菓所は、琉球王朝時代の祭事の際に王族や他国からの賓客が口にした高級菓子である琉球銘菓と呼ばれる伝統菓子だけでなく、旧盆などの年間行事でお供えする郷土菓子まで幅広く作っている。

 「伝統菓子を通して、沖縄の祝いの文化や魅力を次世代に継承したい」

 創業者の外間清功さん(87)の孫にあたる3代目の外間有里店主(28)が事業継承者としての思い、伝統菓子の魅力を語った。

 三代目の事業承継者として

 外間製菓所は、創業当初から機械量産品にこだわらない手作りで沖縄の伝統菓子や文化を継承し、創業者の清功さんは今も現役で菓子を作り続けている。有里さんの父、清主さんが2代目として承継し、有里さんは「元々家業を継ぐ気はなかった」と笑って言った。

 家業を意識したのは県外に出た26歳の時。琉球大学を卒業し、東京に出て事業構想大学院大学で経営を学んでいた。県外の人に家業のことを話すと「面白い」、「ちんすこうと紅芋タルト以外にもあるんだ」と興味を持ってもらったのがはじまりだった。

 「普段何気なくあったお菓子を、沖縄の昔ながらのモノとして残していきたい」
 「沖縄への地域貢献を考えた時に、まずは自分の家業を盛り上げる。沖縄独自のものを新しい視点として磨きをかけていくことがこれから大事になってくる」

  家業を継ぐことを決意し、事業承継に特化したプログラムを大学院で受けるなど承継者に必要な考え方や構想力を学んでいった。

創業当時の外間製菓所
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  2.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  3.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…
  4.  華やかな松坂世代が誕生した1998年、沖縄最強のチームと言われながら、甲子園で1勝もでき…
  5.  沖縄の30〜40代男性に「沖縄で印象に残っている野球人は誰ですか?」と質問すると、必ずと…

特集記事

  1.  2021年3月に落成予定を控える最大1万人が収容可能な沖縄市の「沖縄アリーナ」。沖縄市の…
  2. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ