伝統菓子で地域の文化伝える 創業67年の外間製菓所

 

那覇市長賞で広がった売り方の幅

 有里さんが3代目として家業を承継して1年目。那覇市が2019年度に物産展事業として行った「那覇市長賞」にて、外間製菓所の「こんぺん」が食品部門の優秀賞を受賞した。公設市場にある郷土菓子店として初めての受賞である。

「昔ながらの伝統菓子を広く知っていただく工夫がされている」と城間幹子市長から高評価をもらい、パッケージも含めて特産品として認定してもらった。
 「市場のお店は今までお菓子を販売する小売店だった。でも、地元の人でも伝統菓子を知らないお客様が増えていく中、これからは、お菓子の背景にある文化を伝え、体験してもらえるお店になっていきたい」

 お土産として箱単位で購入をするお客さんが増えたことで客単価が上がり、受賞を期に関東圏での催事出店を果たすなど売り方の幅が広がった。

三代揃って参加した那覇市長賞受賞の表彰式

コロナに負けない商売

   今年は新型コロナウイルスの影響を大きく受けた。一族がお墓の前でご馳走を囲み、祖先供養をする4月の清明祭(シーミー)とご先祖様が帰ってくる8月の旧盆は多くのお客さんがお供え菓子として外間製菓所を利用しているが、例年比でシーミー時期の売り上げは例年比約50%減、旧盆は約20%減。お供えする分だけ購入するなどお客さんの買う量が減った。

 「公設市場近くのこの通りは、観光客も多い那覇の観光名所として知られる場所。人通りも今までの半分以下に減り、お店としてはお菓子の注文が減って大変な状況だった」と振り返った。

 一方で、コロナ禍の対策として新たに取り組んだ通販の立ち上げが好調だ。4月からオープンし、沖縄から県外にいる親戚や息子に送りたいという人がいたりと反応が良い。

 ライフスタイルの変化が著しい現代だが、外間製菓所は変わらぬ味わい、伝統を守りながら現代の暮らしに寄り添った新しい伝統菓子と伝統行事のスタイルを提案していく考えだ。

 どんな時代となっても、郷土菓子にはその地域の文化が詰まっている。そこには歴史や風習など様々なものが背景としてある。外間製菓所は、行事ごとを大切にしている沖縄の人の思いを、お菓子を通してこれからも伝えていく。

<外間製菓所>
住所:沖縄県那覇市牧志3-1-1 市場本通り
時間: 9:00〜18:00
休日:日曜日・正月三が日
電話: 098-863-0252
https://www.hokamaseika.com/

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

安里 三奈美

投稿者記事一覧

ボリビア在住3年、1児の母。フリーライターとして観光や沖縄県系コミュニティーについてWEBや紙媒体で執筆、寄稿等を行う傍ら、家系図や家族史・自分史の制作会社の代表も務める。2011年に県系の若者をつなぐネットワークを構築、県系若者が集う大会を世界各地で開催。2015ミスうるま。著書に「刻まれた21cm」(文芸社)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵大寛組国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ