チョコ「OCA」県内展開 ベトナムカカオ産業へ適正還元の恩返し

 

JAS認証マーク付きのベトナムオーガニックカカオを使用したチョコレートブランド「OCA」

 2月14日はバレンタインデー。華やぐ一日の影で、チョコレートの原料となるカカオ栽培は、重労働にも関わらず卸値を安く叩かれ、持続的な農家運営が難しい現状がある。
 「農家へ利益を残し、地元の産業を活気づけたい」ー。そんな想いで誕生したのが、株式会社シーポイント(浜松市、野澤浩樹代表)が手掛ける、ベトナム産のオーガニックカカオを使用したチョコレートブランド「OCA(オッカ)」だ。同社の沖縄支店(浦添市)は、菓子製造販売を行う有限会社ハッピーフィールド(宜野湾市)に製造を委託し、県産黒糖とベトナム産カカオをブレンドした県内限定商品「CACAO ヌガティーヌ」などを展開している。
 循環型農業で栽培された上質のカカオ豆を現地の工場で加工して商品化し、適切な利益還元でベトナムのカカオ産業の発展に寄与している。

卸値の安さで辞めていくカカオ農家

 OCAの原料で使用されるカカオの生産拠点は、ベトナム南部のメコンデルタ地方にあるバリア=ブンタウ省。ここの肥沃な土壌で生産されるカカオ豆は世界的な評価が高い一方、現地では農家が収益を上げられずに離農している現状があった。

ベトナム南部・バリア=ブンタウ省(Google Mapsより)

 世界的なチョコレート人気でカカオ需要は上昇しており、国際ココア機関の統計によると、世界のカカオ豆の総生産量は、1998年からの20年間でおよそ1.7倍に拡大している。その一方で、発展途上国のカカオ農家の中にはその収益の少なさから、カカオが原料であるチョコレートを食べたことがない人もいるなど、貧富の南北問題を象徴するような作物でもある。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  初めて出場した九州地区大学野球選手権南部九州ブロック決勝トーナメントで初勝利を納め、準決…
  2.  奄美大島勢初の快挙。第149回九州高校野球鹿児島大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)…
  3. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  4. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  5.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組前田鶏卵国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  11日に東京都内であったプロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)。沖縄出身選手では亜細…
  2. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  3.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ