待たれる観光産業への直接給付 「産業全体をどう守っていくのか」

 
県に対して観光産業への支援策を求める事業団体の代表者ら

「県として本当に観光を基幹産業と思ってコロナ対策をやっているのか」

 4月13日に開かれた、県内の観光産業に関連する団体で構成する沖縄ツーリズム産業団体協議会の意見交換会。県の新型コロナウイルス対策について、ホテル業界やバス・レンタカー業界などの各団体代表者からは厳しい意見が次々と飛び出した。コロナ禍に突入して1年以上が経過し、観光に携わる事業者が実感できる形での“救済措置”が未だ為されていない現状へのフラストレーションがにじんだ。

 協議会ではそのほか、沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は感染拡大の影響で12日から本島9市に「まん延防止等重点措置」が適用された現状も踏まえつつ、入域観光客数の見通しや県内ホテルの予約状況などについても説明した。

このままでは観光インフラ不足に

 県レンタカー協会の白石武博会長は「観光関連の事業者はほぼほぼ体力を失っている状況。今死にかけている事業者に対して、バスやレンタカーなら保有台数別、ホテルなどは従業員数別など、規模別で直接給付をやっていかないといけない」と、事業規模に応じた経済的支援の迅速な実行を繰り返し求めた。「特にレンタカーやバス、タクシーは観光のインフラの役割を果たしている。維持費の面で減車しており、今後観光客が急増したりすれば対応できなくなる。こうした状況に応じた形での対応が必要だ」と述べ、「需要喚起策も大事だが、合わせて事業に対するサポートも不可欠。この“両手”を動かしていただきたい」と強調した。
「沖縄では、県外から来た人たちの感染は少ない。観光業界は独自のガイドラインを作成したりして、『これ以上どうすればいいのか』というくらい一生懸命に対策をしている。県にはその現場の状況を知り、それを背負った上で施策に臨んでほしい」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  3.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
  4.  任期満了に伴う那覇市議選(定数40)が11日に投開票された。「オール沖縄」を標榜し城間幹…
  5. 20210612_県「総合的に判断する」緊急事態宣言の是非で-1
     5月23日にスタートした今回の緊急事態宣言。当初は6月20日の解除を目指して、小中高校の…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組前田鶏卵琉球海運_広告国場組

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ