1~3月県内景気「後退」 海邦総研調査

 

 経営コンサルティングや調査業務を行う株式会社海邦総研(那覇市)は7日、1~3月期の県内景気動向調査の結果を発表し「県内景気は後退している」とした。企業に対して業績や景況などを尋ねた回答比で「上昇」から「下降」を差し引いた「景況判断指数(BSI)」は-35.8を指した。前期(昨年10~12月)は3.5でコロナ禍後初めて「上昇」超となったが、再び大きく落ち込んだ。

 調査結果では、景気後退の要因を「コロナの再拡大と3度目の緊急事態宣言」としている。
 業種別では観光関連が-68.4で、全体に比べて大きく「下降」が上回った。GoTo関連事業が昨年12月から停止していることなどが影響していると分析している。
 建設業は-25.7と「下降」超だった。新型コロナウイルス感染症拡大の影響による工事の延期などで、業界全体で売上、利益の両方が落ち込んだ。統計上では回復傾向にあるが、先行の不透明感が強くなっているという。
 不動産業は3.1で「上昇」超だった。

 一方で来期(4~6月)の見通しでは全体として「上昇」超だったものの、BSIは6.2に留まるなど、楽観的な見方は少なくなっているという。
 見通しの資本金別では、5000万~1億円の企業は「下降」超だったが、1億円以上の企業は34.4と大きな上昇幅となった。

Print Friendly, PDF & Email
長濱 良起

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 「コロナで厳しい状況のなかだけに、やはり非常に期待しています」  国際自然保護連合(…
  2.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
  3.  沖縄最古の映画館で、長年成人映画文化の発信をしてきた首里劇場(那覇市首里大中町)が、成人…
  4.  「出てくる素案は、骨子案とは少し趣の違うものになるかもしれない」  沖縄県のある幹…
  5.  軍事クーデターに対して民主化を求めるデモを続ける民衆に、自国軍が銃を向ける東南ア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組前田鶏卵琉球海運_広告大寛組

特集記事

  1.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
  2.  「出てくる素案は、骨子案とは少し趣の違うものになるかもしれない」  沖縄県のある幹…
  3.  4月21日の第9節でFC町田ゼルビアとアウェイで戦ったサッカーJ2リーグのFC琉球。3対…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ