「新しいMICEの形を示せた」 ツーリズムEXPOジャパン関係者ら

 
「ツーリズムEXPOジャパン2020旅の祭典in沖縄」の来場者数が目標を上回ったことなどを玉城知事(右から4人目)らに報告した高橋実行委員長(同5人目)=11月2日、県庁

 11月1日まで4日間にわたり沖縄で初開催された、世界最大級の旅行・観光イベント「ツーリズムEXPOジャパン2020旅の祭典in沖縄」(主催・日本観光振興協会、日本旅行業協会、日本政府観光局)の関係者が2日、県庁に玉城デニー知事を訪問し、4日間の来場者数が計2万4080人となるなどイベントが無事終了したことを報告した。

 ツーリズムEXPOジャパンは、国内旅行振興の「旅フェア日本」、海外旅行振興の「旅博」などを一体化した総合観光イベントとして2014年に誕生。これまでは東京や大阪で実施されてきたが、今回は宜野湾市の沖縄コンベンションセンターなどで「旅のチカラで日本、世界を元気に!」をテーマに開催された。

「旅のチカラで日本、世界を元気に!」をテーマに県内で初めて開催されたツーリズムEXPOジャパン2020旅の祭典in沖縄=10月29日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター

沖縄への旅行の流れが変わることを期待

 会談で、高橋広行実行委員長(日本旅行業協会副会長)は「一般の方々も沖縄に来ることに遠慮気味だったが、これを契機に沖縄に行っても良いんだと、訪れる流れが大きくなることを期待している」と強調した。

 また、「われわれが目指していた新しいMICEの形も十分示せたと思う。これを機に、MICEがどんどんいろんな形で復活していくきっかけにもなる」とも述べた。報告を受け、玉城知事は「いろんな発見があったのではないかと思う」などと応じていた。

 ツーリズムEXPOジャパンでは、10月29日と30日は「業界日」として県内外の観光事業者による展示商談会を行ったほか、同31日と11月1日は「一般日」として一般客の来場も受け入れた。

 同時に開催された、観光とITが融合したイノベーションの発信を目指すイベント「ResorTech Okinawaおきなわ国際IT見本市2020」では、台湾デジタル担当大臣 オードリー・タン氏がオンラインで登場し、玉城デニー知事との対談も行った。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ