「新しいMICEの形を示せた」 ツーリズムEXPOジャパン関係者ら

 
「ツーリズムEXPOジャパン2020旅の祭典in沖縄」の来場者数が目標を上回ったことなどを玉城知事(右から4人目)らに報告した高橋実行委員長(同5人目)=11月2日、県庁

 11月1日まで4日間にわたり沖縄で初開催された、世界最大級の旅行・観光イベント「ツーリズムEXPOジャパン2020旅の祭典in沖縄」(主催・日本観光振興協会、日本旅行業協会、日本政府観光局)の関係者が2日、県庁に玉城デニー知事を訪問し、4日間の来場者数が計2万4080人となるなどイベントが無事終了したことを報告した。

 ツーリズムEXPOジャパンは、国内旅行振興の「旅フェア日本」、海外旅行振興の「旅博」などを一体化した総合観光イベントとして2014年に誕生。これまでは東京や大阪で実施されてきたが、今回は宜野湾市の沖縄コンベンションセンターなどで「旅のチカラで日本、世界を元気に!」をテーマに開催された。

「旅のチカラで日本、世界を元気に!」をテーマに県内で初めて開催されたツーリズムEXPOジャパン2020旅の祭典in沖縄=10月29日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター

沖縄への旅行の流れが変わることを期待

 会談で、高橋広行実行委員長(日本旅行業協会副会長)は「一般の方々も沖縄に来ることに遠慮気味だったが、これを契機に沖縄に行っても良いんだと、訪れる流れが大きくなることを期待している」と強調した。

 また、「われわれが目指していた新しいMICEの形も十分示せたと思う。これを機に、MICEがどんどんいろんな形で復活していくきっかけにもなる」とも述べた。報告を受け、玉城知事は「いろんな発見があったのではないかと思う」などと応じていた。

 ツーリズムEXPOジャパンでは、10月29日と30日は「業界日」として県内外の観光事業者による展示商談会を行ったほか、同31日と11月1日は「一般日」として一般客の来場も受け入れた。

 同時に開催された、観光とITが融合したイノベーションの発信を目指すイベント「ResorTech Okinawaおきなわ国際IT見本市2020」では、台湾デジタル担当大臣 オードリー・タン氏がオンラインで登場し、玉城デニー知事との対談も行った。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
  2. 沖縄県議会
     開会中の沖縄県議会9月定例会は21、22日と代表質問が行われた。11人の県議が質問に立ち…
  3.  11月までに予定される衆院選を前に、沖縄県内の政局に波紋が広がっている。辺野古の基地建設…
  4.  「年中ビーチバレーが楽しめる沖縄に移住して、ちょこっと6人制バレーもやれたらいい…
  5.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告大寛組国場組

特集記事

  1.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  2. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
  3. 文部科学省
     教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許更新制度…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ