コンクリート建築の父と大宜味大工のマスターピース 旧大宜味村役場庁舎

 
旧大宜味村役場庁舎の階段

 沖縄本島北部に位置し、長寿の村、自然豊かで長閑な村としても全国的に有名な大宜味村には、沖縄の建築史においてとても重要な建物がある。 

 それは、今も全く色褪せることのない、レトロな洋風の佇まいが強く漂う大宜味村旧役場庁舎。現在も大宜味村役場のすぐ目の前にあり、その存在感を顕にしている。

 訪れたことがある読者には「そうそう!」と思ってもらえるかと思うが、その歴史的建造物を目の前にすると、え?ここはどこ?時代はいつ?と感じてしまうほどのタイムスリップ感覚を味わえるのだ。

 それもそのはず、何と現存するコンクリート建造物としては「沖縄最古」の建物だと言われている。

 建築された年は大正14年。西暦でいうと1925年、何と今年で95歳、100歳まであとわずか!という歴史ある建造物なのである。

 その旧庁舎跡は今でも大宜味村の村史編纂室、資料室として利用されており、一般の見学も可能なのだが、昨今のコロナ状況下で内部見学は当分見合わせておられるようだ。しかし外観を見学するだけでも、その物凄い存在感を見て感じ取ることができる。

 異国情緒溢れる外観、そして沖縄最古のコンクリート造り。

レトロな洋風外観

 実はそこには、その当時のいろんなタイミングが重なりに重なりあって生まれた、ある意味時代背景の偶然が起こさせた奇跡の出会いがあったである。

若き技師の国頭赴任

 当時、今から100年近くも前の話なので、沖縄の庶民にとっての家屋はまだまだ茅葺きが当たり前、すごく裕福な世帯で瓦葺きという時代。日本本土において、ようやくコンクリートが入ってきたかそこらの時代である。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「このままでは、沖縄の貨物ハブに未来はない」  全日本空輸(ANA)の幹部…
  2.  9月25日、「ゆいレール」を運行する第三セクター「沖縄都市モノレール」は、3両編成の車両…
  3.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  4.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  5.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…

特集記事

  1.  「このままでは、沖縄の貨物ハブに未来はない」  全日本空輸(ANA)の幹部…
  2. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ