差別と貧困の撲滅目指す服飾ブランド「PWP」名護から世界へ

 
「PWP」代表の城間光規さん

 「ファッションを通して、世界中から貧困や差別を無くしたい」ー。アパレルブランド「PWP(ピーダボピー)」を展開する代表の城間光規さん(24)=名護市=の言葉だ。ことし1月からTシャツやハットなどの販売をオンラインで開始しており、売り上げの一部をユニセフなどに寄付する。貧困や差別への強い問題意識は、自身が直面した“世界の現実”を自分事として引き寄せたからだ。

PWPのTシャツ(PWPインスタグラムより)

ロゴに込めた思いとは

 4月の10、11日に名護市の「道の駅」許田にポップアップストアを出店し、両日の売り上げから子ども食堂を運営する団体に寄付をした。
 商品は他にも、パーカー、ジャケット、バッグなど、多彩に展開している。どれもシンプルで身に着ける人を選ばないデザインが持ち味だ。デザインや経営、マーケティングなどを全て城間さんが手掛けている。

 ブランド名の「PWP」は「Pray for world peace(世界平和を願う)」の略。ブランドロゴのデザインを3カ月は考えたという。
 背景色の白、黄、黒は、それぞれ「白人」「黄色人種」「黒人」を表し、文字色の赤は血の色を表している。「肌の色はそれぞれ違うけど、同じ赤い血が流れており、みんな平等だ」という意味を込めた。
 PWPの文字が筆記体であることにもこだわった。文字を途切れることなく一続きにして「みんなつながっている」ことを強調した。

 とにかく最初は全てが手探りだった。ブランドの立ち上げ方や生地の仕入れ方など、YouTubeなども参考にしながら、実際にアパレル業界で活躍している人に人づてで話を聞きに行って、商品販売にまでこぎつけた。

5色のTシャツカラーバリエーション。胸にはロゴがあしらわれる(PWPインスタグラムより)
トートバッグラインナップ(同)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ