差別と貧困の撲滅目指す服飾ブランド「PWP」名護から世界へ

 
「PWP」代表の城間光規さん

 「ファッションを通して、世界中から貧困や差別を無くしたい」ー。アパレルブランド「PWP(ピーダボピー)」を展開する代表の城間光規さん(24)=名護市=の言葉だ。ことし1月からTシャツやハットなどの販売をオンラインで開始しており、売り上げの一部をユニセフなどに寄付する。貧困や差別への強い問題意識は、自身が直面した“世界の現実”を自分事として引き寄せたからだ。

PWPのTシャツ(PWPインスタグラムより)

ロゴに込めた思いとは

 4月の10、11日に名護市の「道の駅」許田にポップアップストアを出店し、両日の売り上げから子ども食堂を運営する団体に寄付をした。
 商品は他にも、パーカー、ジャケット、バッグなど、多彩に展開している。どれもシンプルで身に着ける人を選ばないデザインが持ち味だ。デザインや経営、マーケティングなどを全て城間さんが手掛けている。

 ブランド名の「PWP」は「Pray for world peace(世界平和を願う)」の略。ブランドロゴのデザインを3カ月は考えたという。
 背景色の白、黄、黒は、それぞれ「白人」「黄色人種」「黒人」を表し、文字色の赤は血の色を表している。「肌の色はそれぞれ違うけど、同じ赤い血が流れており、みんな平等だ」という意味を込めた。
 PWPの文字が筆記体であることにもこだわった。文字を途切れることなく一続きにして「みんなつながっている」ことを強調した。

 とにかく最初は全てが手探りだった。ブランドの立ち上げ方や生地の仕入れ方など、YouTubeなども参考にしながら、実際にアパレル業界で活躍している人に人づてで話を聞きに行って、商品販売にまでこぎつけた。

5色のTシャツカラーバリエーション。胸にはロゴがあしらわれる(PWPインスタグラムより)
トートバッグラインナップ(同)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスの影響で国境を越えた移動が難しくなり、沖縄にほど近い台湾との交流も未だ…
  2.  2020年から継続して新型コロナウイルスの影響を直接受け続け、2021年も大きな打撃を受…
  3.  沖縄県教育委員会が琉球王国の外交文書集『歴代宝案』を中心とした歴史資料と、沖縄戦で失われ…
  4.  沖縄初のプロ野球球団として2019年に発足した琉球ブルーオーシャンズ。しかし、新型コロナ…
  5.    去年6月に結成された県内初の社会人アメリカンフットボールチーム「琉球ガーディア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵大寛組国場組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ