ボリビアの「オキナワ村」にも青年会 地域を支える存在

 

 南米ボリビア東部に、沖縄県人によって作られた移住地「オキナワ村」がある。ボリビアの主要言語のスペイン語では「コロニア・オキナワ」と呼ばれ、約900人の沖縄県系人と約12000人のボリビア人がお互いの文化を尊重し合いながら共生して暮らしている。オキナワと名がつくとおり、沖縄独特の文化や風習が残り、県系人たちはルーツである沖縄の文化を大切に守り続けている。
 そんなボリビアの県系人の暮らしぶりから今回取り上げるのは「青年会」。オキナワ村に住む筆者の視点から、地域との関わりや、60年以上続く青年行事など紹介する。

3つの移住地、それぞれに青年会

 沖縄の離島のような空気感が広がるオキナワ村。右も左も見渡す限り地平線まで広がる大草原で何百頭の群れの牛がのんびりと草を食べている。ここオキナワ村には、学校や診療所がある「第1移住地」、そこから20キロ離れた場所にある「第2移住地」、さらに20キロ離れた「第3移住地」と3つの移住地があり、それぞれに青年会がある。第1移住地の青年会は約60名ほど、第2移住地では約40名、第3移住地では約35名が所属し、青年活動に励んでいる。

関連記事:南米にあるオキナワ村とは?|HUB沖縄 

オキナワ第一青年会
オキナワ第二青年会
オキナワ第三青年会
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ