首里城復元の「御材木」国頭から那覇へ 国際通りでお披露目

 

 首里城の再建に向けて、29日にトレーラーに載って国頭村から首里に向かった材木(オキナワウラジロガシ)が30日、那覇市の国際通りでお披露目された。樹齢98年、長さ約9m、重さ4tの「御材木」を先導するように、那覇、泊、久米の爬竜船(ハーリー船)が大型トラックの荷台に乗って進む「地バーリー」も披露された。同日開催の「第7回世界のウチナーンチュ大会」の前夜祭パレードとタイアップすることで、首里城復興が着々と進んでいることを海外にもアピールした。

 首里城の復元・復興を祈願するイベント「いざ 首里城 令和の木曳式」の一環で行われた「那覇フェスティバル」での一幕。観光客や地元の人々が、興味津々な様子でスマホのカメラを向ける姿も見られた。

「泊」の地バーリー
「那覇」の地バーリー
「久米」の地バーリー

 1992年に首里城正殿などが復元された「平成の復元」の際には県産材木は使用されておらず、台湾産のヒノキを主要構造材としていたが、今回の木材は国頭村の村有林から無償提供された。

 11月3日には那覇市首里綾門大道(中山門跡~守礼門)で、琉球王朝時代の木こりを再現した参加者が行列行進する「木遣行列(きやりぎょうれつ)」が実施される他、正殿復元工事の起工式が予定されており、いよいよ本格的に再建に向けて動き出す。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ