始まりは1本のビデオテープ、オハイオ州に鳴り響く諸見里エイサー

 

オハイオ州で活動する「オハイオ諸見里エイサーグループ」

 全ては「たまたまそこにあったビデオテープ」から始まった。約25年前の1995年、米国オハイオ州へ渡った沖縄出身の女性が持ち込んだ1本のVHSビデオテープに収録された沖縄市諸見里青年会のエイサー。見よう見まねで踊りを覚え「オハイオ諸見里エイサーグループ」が誕生、エイサーが受け継がれている。衣装は諸見里青年会に共通する赤と黒を取り入れた。当時テープと一緒に渡米した女性はすでに故人となってしまったため、オハイオ州でのエイサーの発端を直接知っている人は誰もいないが、聞き伝えでその歴史が伝わっている。

お土産にもらった「諸見里青年会のエイサー演舞」

 沖縄から米国オハイオ州に渡米した故人・きいこウェイドさんは、1995年に沖縄に里帰りした際、VHSのビデオテープをお土産にもらった。そこには、世界遺産「中城城跡」で踊っている諸見里青年会の迫力ある演舞が収録されていた。

 1995年は、米国オハイオ州に渡米した沖縄県出身の女性ら数名によって県人会「オハイオ州沖縄友の会」が設立された年で、設立記念としてたまたまそこにあったビデオテープに映るエイサーをやろうと軽い気持ちで呼びかけたという。

 現在、オハイオ州沖縄友の会の会長を務めているのは照屋和美さん。「多くの人々に沖縄の伝統文化を理解してもらう機会を持ち、2世、3世へも沖縄の文化を継承する責任がある」とエイサーグループをサポートしている。

当時の会員はほとんどが50代

 驚くことに発足当時の会員の年齢はほとんどが50歳を超えていた。VHSビデオテープをダビングして配り、1ヶ月に1回、公園などに集まって練習を重ねていった。
 「そのテープは練習用ではないので、覚えがいい人はできるが、ほとんどの人ができなかった。幸いにも完全にコピーをしている人が数名いたので、その人を先頭に覚えていった。何度も繰り返しビデオを見ながら動いて、どうにか形になった」と発足時の苦難を語った。

 それからまもなくは、エイサー活動がうまく続いていたが、年数が経過し、当時50代だった会員は、現在70代や80代に。これまで中心となって引っ張ってきた人は足腰が立たず、体が動かない、指導ができないが重なり、存続の危機が危ぶまれている時期が訪れていた。
 照屋さんの元には、「オハイオ州沖縄友の会の思い出は頑張ってきたエイサーの音や踊り。絶対に絶やさないでほしい」と泣きながらすがるおばあちゃんもいた。

「エイサーピクニック」で披露する1世メンバー(写真提供=オハイオ州沖縄友の会)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ