岡田沖縄担当相、台風被害など視察

 
台風6号による土砂崩れ現場を視察する岡田直樹沖縄担当相(右から5人目)ら=9日、名護市呉我

 岡田直樹沖縄担当相は9日、台風6号により土砂崩れが起きた国道505号線の現場(名護市呉我)などを視察した。同現場では、県北部土木事務所の上原智泰所長らが、状況を説明した。視察を終えた岡田担当相は「二次災害が起きないよう、慎重にではあるが速やかに復旧してほしい。地域住民のために、連携を取って国も対処したい」と述べた。

 台風6号は、3日に沖縄本島地方を通過して宮古島の北海上に抜けた後、4日から6日にかけて沖縄本島に再び接近。長期間にわたり、大きな影響を及ぼした。県内では33カ所の土砂崩れが発生し、岡田担当相が視察した名護市呉我の国道では、6日午前1時から通行止めとなっている。

土砂崩れ現場で説明を受ける岡田直樹沖縄担当相(中央)=9日、名護市呉我

 視察に先立って、岡田担当相は名護市内で渡具知武豊市長と面談。台風による被害状況について説明を受けた。渡具知市長は「市内各地で大規模な冠水や河川からの溢水などが発生した。土砂災害は、把握しているだけでも(市内で)7件発生した」と述べた。

 また、渡具知市長は「市内では最大で世帯数の48%に当たる1万3710戸が停電し、暴風警報が長時間となったことから復旧に7日間を要したケースもあった。ライフラインの長時間の寸断が、市民生活に大きな影響を与えている」と強調した。

名護市の渡具知武豊市長(右から2人目)と面談する岡田直樹沖縄担当相=9日、名護市

 その上で、渡具知市長は「市民の日常の復旧に向けて全力で取り組んでいる。市民の生活や経済活動が一日でも早く回復できるよう、国による支援をお願いしたい」と訴えた。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ