遺族らが恒久平和祈る 旧海軍司令部壕で24年度慰霊祭

 
犠牲者のみ霊を慰め、世界の恒久平和を祈った大田司令官の孫の聡さん=13日、豊見城市の海軍壕公園

 1945年6月の沖縄戦末期、県民の惨状と後世での配慮を当時の海軍次官に訴えた「沖縄県民斯ク戦ヘリ」を打電し、自決した旧海軍沖縄根拠地隊の大田實司令官と壊滅した同部隊の命日に当たる13日、豊見城市の旧海軍戦没者慰霊之塔前広場で「2024年度旧海軍司令部壕慰霊祭」(主催・沖縄観光コンベンションビューロー・下地芳郎会長)が執り行われた。

 大田司令官の遺族、関係者らが集い戦没者らのみ霊を慰め、世界の恒久平和を願って献花し焼香した。

 毎年行われる同慰霊祭は、コロナ禍で3年間は規模を大幅に縮小して行われていたが、同感染症が沈静化したため、昨年から同司令官の遺族らを招いての通常開催となっている。

 同慰霊祭には、同司令官の孫に当たる大田聡さん(63)らが出席し平和への祈りを捧(ささ)げた。聡さんは「祖父の打電は、沖縄戦の現状を看過するに忍びないという思いだったのだろう」と述べた。

 その上で、現在のウクライナやイスラエルなどの世界情勢について、「紛争を武力で解決することの惨(むご)たらしさや、取り返しのつかない状況に追い込まれることはあってはならない。特に沖縄では二度と戦争を起こしてはならないと願う。同時に武力に頼らない紛争解決を世界が目指すことが最も大事だ」と話していた。

 式典には聡さんの妹の甲斐明子さん(61)も出席し、共に世界の恒久平和を祈った。

 主催者の下地会長は「戦争体験者の高齢化と戦争の風化が懸念されているが、世界紛争が続く今、戦争の歴史の教訓を後世に伝え、平和な沖縄を未来永劫(えいごう)引き継ぐことが私たちの重要な責務だ」と強く訴えた。

Print Friendly, PDF & Email

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…
宮古毎日新聞

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ