大開運シーサー職人の野望「首里城福光シーサープロジェクト」とは

 
巨大シーサーイメージ

 沖縄に昔から守り神として伝えられるシーサー。そのシーサーを活用した首里城復興プロジェクトが立ち上がっている。その名も「首里城福光シーサープロジェクト」だ。

 プロジェクトの発起人は、自らが「大開運シーサー」という縁起の良いシーサーを作る職人・宮城光男(みやぎみつお)さん。首里城及び首里城で使用されていた赤瓦と深い関りも持つ宮城さんは、首里城が焼失していく姿を眺めながら、このプロジェクトの発起を決意した。

「シーサープロジェクト」に込められた3つの想い

仕事中の宮城さん

 沖縄シーサー協会の代表でもある宮城さん。活動の一環として、首里城の焼失後すぐに立ち上げたのが「首里城福光シーサープロジェクト」だ。首里城の焼け残った赤瓦を有効活用し、高さ10mを超える巨大シーサーをみんなで制作しようというものである。

 このプロジェクトには3つの想いがある。

 ひとつは、沖縄シーサーの伝統に対する敬意である。沖縄でよく目にする、赤瓦屋根に取り付けられた漆喰シーサーは元来、家を建てる際に出る割れ瓦や余った漆喰から作られている。つまりシーサーは「ゴミから生まれた守り神」なのだ。「エコ」という概念がない時代からすでに、アップサイクル(単なる再利用ではなく元の製品より価値の高いものを生み出すこと)が行われていたこの歴史を、SDGsが推奨される時代にこそ継承するべきだと考えた。

 2つめは、火災を納める守り神としての役割だ。現存する最古のシーサー(富盛の石彫大獅子 1689年~ 八重瀬町)は、火除けが目的で設置されたものであることから、首里城福光シーサーも同様に、火災からの復興と再発防止を願うシンボルにしたいと考えた。

 そして3つめは、1992年の首里城復元の際、赤瓦を作った奥原 崇典(おくはら そうてん)さんへの敬意だ。宮城さんにとって奥原さんは師匠と呼べる存在。奥原さんは2014年に死去しているが、その赤瓦は特別な手法で作られており、同じ赤瓦は再現不可能とされている。その瓦をゴミ(産業廃棄物)にしてしまいたくないという想いがあった。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  2.  沖縄のプロサッカーチームFC琉球のJ2昇格2年目のシーズンが終わった。22チーム中16位…
  3.  90年代、「DA.YO.NE」の楽曲でヒップホップ初のミリオンセラーを記録、紅白歌合戦出…
  4.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  5.  白・赤・青カラーのミニスカートワンピースに、夏らしさを感じさせるサンバイザー。「真夏にビ…

特集記事

  1.  緊急事態宣言が再発出される直前の1月7日、羽田空港からスカイマーク613便に乗って下地島…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ