地元らしさを追求したデザインとは 上本部学園の校章・制服リニューアル

 
左から上本部学園・小渡校長、新制服デザイナー・比嘉さん、新制服夏・冬服着用の学生男女2名ずつ、新校章・イメージキャラクターデザイナー・城間さん

 2020年4月、県北部の本部町で町立の上本部小学校と上本部中学校が統合し、小中一貫教育校の上本部学園が開校となった。同校はそれを機にデザイナーらを起用して、校章・制服を一新し、イメージキャラクターまで製作している。地元のシンボルや学校の指針をデザイナーらはどう取り込んだのか。

「子どもたちが誇りをもって学校生活を過ごせるように」

 新デザインに携わったのは県内のデザイナー2人。

 校章とイメージキャラクターデザインには、琉球ゴールデンキングスのゴーディーやFC琉球のジンベーニョなど、数々のキャラクターデザインを手がけてきた株式会社DOKUTOKU460 代表取締役・城間英樹さん、制服デザインには、オリオンビールのキャンペーンガール衣装やJR九州ホテルズ直営ホテル(※別府温泉−竹と椿のお宿−花べっぷを除き、県外含む12ホテル)制服デザインなどを手がけ、自身のファッションブランドHIGAも展開する比嘉一成さんがそれぞれ担当した。

 今回のリニューアルには、学校長だけでなく保護者や地域、子どもたちの思いも汲み取りながら、およそ半年間かけて制作された。上本部学園の小渡克彦校長は、リニューアルの趣旨についてこう語る。

 「学校の制服や校章、イメージキャラクターが、おふたりのような著名なデザイナーに熱い想いをもって制作いただいたことによって、子どもたちが誇りをもって学校生活を過ごすきっかけになればと思っています。また、今後上本部学園が様々な面で、本部町の先進的なモデル校として発展して欲しいという願いもあります」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  2.  沖縄のプロサッカーチームFC琉球のJ2昇格2年目のシーズンが終わった。22チーム中16位…
  3.  90年代、「DA.YO.NE」の楽曲でヒップホップ初のミリオンセラーを記録、紅白歌合戦出…
  4.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  5.  白・赤・青カラーのミニスカートワンピースに、夏らしさを感じさせるサンバイザー。「真夏にビ…

特集記事

  1.  緊急事態宣言が再発出される直前の1月7日、羽田空港からスカイマーク613便に乗って下地島…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ