前園真聖さんが那覇でサッカー教室 元日本代表エースが技を直伝

 
子ども達と一緒にボールを追い掛ける前園真聖さん(中央)と大竹七未さん(右)=7月9日、那覇市具志のクーガフットボールパーク

 元サッカー男子日本代表エースの前園真聖さんと、元女子代表の大竹七未さんによるサッカー教室が7月9日、那覇市具志のクーガフットボールパークで開かれた。前園さんと元女子代表の丸山桂里奈さんが出演するラジオ番組「丸園音楽堂」の公開収録を兼ねた催し。参加した小学生約50人は、一流の技を盗もうと必死でボールを追い掛けていた。

 丸園音楽堂は全国各地で教室を開いており、県内では昨年11月に宮古島市でも開催。沖縄ではFM沖縄が毎週日曜日の午後7時から放送している。今回の公開収録の様子は8月6日に流れる。

「目標を持つことが大事」

笑顔で子ども達と接する前園さん

 「テーマを1つ決めて、目標を持って練習することが大事」という前園さんの呼び掛けで始まったサッカー教室。子どもたちはボールコントロールやパスの基礎、ミニゲームなどを通して助言をもらいながら汗を流した。

 前園さんは「できなくてもいいからやってみて」「パス&コントロールが一番大事」「ナイスプレー」などと絶えず前向きな言葉で雰囲気を盛り上げた。低学年への指導を担った大竹さんも、インサイドキックを教える際に「足首を固める」「膝を曲げて」と手取り足取りで熱心に教えていた。

終了後、感想を話す小学生

 約2時間の教室を終えた前園さんは「沖縄は暑いけど、風があっていいですね。目標を持ってやり続ければ、ここから日本代表が生まれる可能性もあります」と汗を拭いながら爽やかに語った。

 参加した1年生の男の子は「リフティングを考えながら蹴れた」と嬉しそうに振り返った。6年生の男の子は「ドリブルを意識して練習しました。試合でコーチを抜くことができて良かったです」と笑顔を見せた。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ