非行をどう防ぐのか 月影のパトロール隊に同行取材

 

 ♪小禄(うるく)豊見城(とぅみぐしく)垣花(かちぬはな)三村(みむら)三村の姉小達(あんぐゎた)が 揃(すり)とてぃ 布織(ぬぬをぅい)話 綾まみぐなよ 元(むとぅ)かんじゅんど♪(小禄・豊見城・垣花の三村の女の子たちが、お揃いで機織り話に余念がない。糸をほつれさせたら元も子もないよ)

 沖縄民謡のご当地ソング「三村踊り」の一番の歌詞である。那覇市南部に位置する小禄地域はかつて、澄ました感じのある首里や我先に商売にいそしむ那覇とは異なり、飾り気のないのどかな雰囲気を残していた。

 近年ゆいレール小禄駅に大型商業施設が進出し、一気に都市開発が進んだ。それと同時に一時期、少年少女の非行が大きな社会問題になった。「非行は芽のうちに摘み取れ」と各学校のPTAや教育委員会、ボランティア有志らは、定期的に夜間パトロールを開始した。

2班に分かれて街に繰り出す

 金城(かなぐすく)中学と那覇西高校のPTA、那覇市教育委員会、有志ボランティアらは、合同で毎月第一、第三金曜日に巡回活動を実施している。本サイト〈「一秒でも早く!」空の救急救命 元機長が語る危機管理〉(https://hubokinawa.jp/archives/1457)、〈危機管理から見た“尖閣クライシス”とは〉(https://hubokinawa.jp/archives/1647)に登場した井上正利さんは、子供たちが同中学・高校を卒業後も10年余にわたり活動を続けていて、井上さんを介して同行取材を申し込んだ。

 集合時間の20時30分より20分ほど早く、待合場所の同校美術室に到着すると、既に数人の父母が先着していた。この日は2年2組の父母が担当だという。時間が近づくにつれぞくぞくと参加者が増えた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  初めて出場した九州地区大学野球選手権南部九州ブロック決勝トーナメントで初勝利を納め、準決…
  2.  奄美大島勢初の快挙。第149回九州高校野球鹿児島大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)…
  3. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  4. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  5.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組前田鶏卵琉球海運_広告国場組

特集記事

  1.  11日に東京都内であったプロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)。沖縄出身選手では亜細…
  2. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  3.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ