非行をどう防ぐのか 月影のパトロール隊に同行取材

 

 ♪小禄(うるく)豊見城(とぅみぐしく)垣花(かちぬはな)三村(みむら)三村の姉小達(あんぐゎた)が 揃(すり)とてぃ 布織(ぬぬをぅい)話 綾まみぐなよ 元(むとぅ)かんじゅんど♪(小禄・豊見城・垣花の三村の女の子たちが、お揃いで機織り話に余念がない。糸をほつれさせたら元も子もないよ)

 沖縄民謡のご当地ソング「三村踊り」の一番の歌詞である。那覇市南部に位置する小禄地域はかつて、澄ました感じのある首里や我先に商売にいそしむ那覇とは異なり、飾り気のないのどかな雰囲気を残していた。

 近年ゆいレール小禄駅に大型商業施設が進出し、一気に都市開発が進んだ。それと同時に一時期、少年少女の非行が大きな社会問題になった。「非行は芽のうちに摘み取れ」と各学校のPTAや教育委員会、ボランティア有志らは、定期的に夜間パトロールを開始した。

2班に分かれて街に繰り出す

 金城(かなぐすく)中学と那覇西高校のPTA、那覇市教育委員会、有志ボランティアらは、合同で毎月第一、第三金曜日に巡回活動を実施している。本サイト〈「一秒でも早く!」空の救急救命 元機長が語る危機管理〉(https://hubokinawa.jp/archives/1457)、〈危機管理から見た“尖閣クライシス”とは〉(https://hubokinawa.jp/archives/1647)に登場した井上正利さんは、子供たちが同中学・高校を卒業後も10年余にわたり活動を続けていて、井上さんを介して同行取材を申し込んだ。

 集合時間の20時30分より20分ほど早く、待合場所の同校美術室に到着すると、既に数人の父母が先着していた。この日は2年2組の父母が担当だという。時間が近づくにつれぞくぞくと参加者が増えた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」が世界自然遺産に正式決定する見通しだ。そのう…
  2.  6月末の沖縄県議会で、県立中部病院で発生した新型コロナウイルスのクラスターについての公表…
  3.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  4.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  5.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組前田鶏卵琉球海運_広告大寛組

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ