FC琉球の練習拠点がついに完成! 八重瀬町でオープニングセレモニー

 
八重瀬町スポーツ観光交流施設の完成を祝い、テープカットする関係者たち=8月6日、沖縄県八重瀬町具志頭

 サッカーJ2、FC琉球の新たな練習拠点となる八重瀬町スポーツ観光交流施設が完成し、8月6日午前にオープニングセレモニーが開かれた。新垣安弘町長や西銘恒三郎沖縄担当相、FC琉球を運営する琉球フットボールクラブの倉林啓士郎社長ら関係者がテープカットし、サッカーを通した地域交流の促進やFC琉球の躍進を支える施設になることを願った。

 同施設には天然芝のサッカー場と人工芝のフットサル場があるほか、管理棟内にはトレーニング室や会議室なども備える。総事業費は144,900万円で、国の沖縄振興特定事業推進費市町村補助金を活用した。

球団念願のJ1昇格に期待

真新しいグラウンドでボールを追い掛ける子どもたち

 主催者を代表し、新垣町長は「この施設は町民をはじめ、多くの方が利用できる施設です。FC琉球の練習拠点として、県内外のサッカーファンとプロ選手の交流やスポーツを通した地域間交流を図るために活用してまいります」と挨拶した。県が那覇市奥武山公園内で建設を計画しているJ1規格のサッカー専用スタジアムについても触れ、「建設に向けて一丸となって頑張ってまいりたい」と意欲を語った。

 来賓祝辞を務めた沖縄県サッカー協会の玉城吉貴会長は「FC琉球はこれまで県内のグラウンドを転々としながら練習を行い、厳しい環境でした。本施設を拠点に、ナチョ監督の指揮の下、計画的に練習に取り組み、念願でもあるJ1昇格をぜひ実現していただきたいと思います」とチームを激励した。

「芝がフワフワだった」

始球式に臨む子どもたち

 セレモニーの最後には小学生6人による始球式が行われた。真新しい天然芝を駆け、ボールを蹴った港川キッカーズU-12の棚原鈴太さんは「グラウンドの芝がフワフワだった」と嬉しそうに振り返った。

 式典を終えた倉林社長は「ついにこの環境が整いました。早速来週から練習で使用させていただきます」と感慨深げな表情を浮かべた。チームはJ2最下位と厳しい状況が続くが、直近5試合は負けなしと調子が上向き始めている。「いいタイミングで完成して嬉しいです。まず今季はしっかりJ2に残留したいです」と意気込みを語った。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ