世界初!ツツイカの養殖システム開発に成功 OISTが商業化へ一歩

 
沖縄近海に3種が生息しているというアオリイカ(中島隆太博士提供)

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)は2日、ジョナサン・ミラー教授率いる物理生物学ユニットの研究チームがツツイカの養殖システムを世界で初めて開発したことを発表した。今回の技術は沖縄近海にも生息するツツイカの一種であるアオリイカの養殖用に設計され、現在特許を申請している。長期的な視点から日本近海でのイカ類の個体数減少が指摘される中、この技術が商業化されれば1年を通して持続的に食用イカを供給できる体制の確立につながる可能性がある。

複雑なライフサイクル 困難だった技術開発

 イカは世界の海に少なくとも450種が分布しているとされ、良質なタンパク質を多く含むことから、国内でも広く消費されてきた。ただ研究者によると、スルメイカを代表とする日本近海に生息するイカ類は、1980年代から全種の個体数が減少し始め、現在では全盛期の1割程度まで落ち込んでいる。値段も年々高騰し、南米産の輸入加工品に多くを頼っているのが現状だという。

イカに餌付けをする研究者(OIST提供)

 ツツイカの養殖については過去60年間にもわたって技術開発に取り組まれてきたが、攻撃的な習性や流れに敏感であること、餌の好み、ライフサイクルが複雑であることなどが原因で、これまで目覚ましい成果には至っていなかった。

 研究チームでツツイカを担当するズデニェク・ライブネル博士は「一般に養殖は容易にできると思われていますが、実はとても難しいのです。例えばニホンウナギとマグロは海洋科学者たちが何十年にもわたって養殖の開発を試みてきましたが、どちらもまだ大部分は天然物に頼っています」と説明する。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ