カルト教団から若者をどう守るのか 沖縄ならではの特徴も

 

 旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月が過ぎた。カルト教団問題はここ数年影を潜めていたが、メディアが積極的に報道しなかっただけで、異常な献金被害や無償労働、性被害などは続いていた。

 3月や4月が勧誘のピークと言われるが、県内の大学は悪魔の勧誘からどう学生を守るのか。沖縄キリスト教学院大学(中頭郡西原町)の野間光顕特任講師に話を聞いた。

“あの時”と似た状況

――入学時にプリント1枚を配布するだけの大学もある中、貴大学は最も対策に力を入れているように見えます。

「本校は県内で唯一のキリスト教主義大学で、1年次に必修科目で前後期それぞれ15時間の『キリスト教学』を講義しています。1時間目は年間の学習計画ですが、2時間目は本校の歴史――沖縄戦の反省に立ち、平和を目指し二度と戦争を起こさせない建学の精神を学びます。そして3時間目に丸々1時間使って、カルトについて教えます。

野間光顕特任講師

 赴任してきて3年目ですが、1年目は後期の終わりにやっていましたが、学生から『友達で被害を受けた子もいるし、もっと早くからから教えてほしかった』と言われ、今の形になりました」

――その3時間目の講義では、小冊子「カルトって知ってますか」(日本キリスト教団 カルト問題連絡会発行)とDVD「カルト~すぐそばにある危機!~」(企画・制作 JSCPR日本脱カルト協会)を教材にしています。

「カルトで最も知られているのはオウム真理教による地下鉄サリン事件です。ただ学生はほとんどが1999年以降に生まれているので、オウムの名は聞いたことがあっても具体的には分かりません。

 80年代から90年代にかけて、バブルが弾け社会に暗雲が漂う中で、彼らは世紀末だと不安をあおり信者を増やしてきました。翻って現在、長引くコロナ禍にウクライナ戦争、異常気象と先が見えない中で、当時と状況が似ていて、そこにカルトがつけ込んでくるからDVDを見てみようと導入しています」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ