カルト教団から若者をどう守るのか 沖縄ならではの特徴も

 

親族間の絆の強さにつけ込まれる

――沖縄ならではの特徴もあるそうですね。

「メディアも盛んに取り上げているように、旧統一教会が2015年に『世界平和統一家庭連合』に名称を変えて以降、個人の不安をあおるやり方から家族や亡くなった先祖などの祟りを持ち出すようになりました。沖縄は親族間の絆が強く『◯◯の霊がさまよっている』と言われると、ついすがってしまいます。そうならないためには正しい知識を持つことが大切です」

――キリスト教主義大学としての強みを発揮して学生を守ろうという姿勢が感じられます。

「マンモス大学と違い学生と教員の距離が近いのもあるかもしれません。せっかく入学してきたのですから、学生には金銭的損失、肉体的消耗、精神的苦痛を受けずにキャンパスライフを楽しんでほしい。それをアシストするのが我々教員の務めです」

――自分は大丈夫だと思っていても、何か悩みを抱えていたり思いがけない不幸があったりした場合、その隙を突かれるかもしれないと思うと、正しい知識を身に着けることがいかに大事かということが分かりました。今日はどうもありがとうございました。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

友寄 貞丸

投稿者記事一覧

伊江村出身。1990年から主に中国、台湾の取材執筆活動を続ける。2014年11月Uターン。著書に『雲南哀楽紀行』(愛育社)など。国境を越えても一線を越えない旅と取材を信条とする。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ