那覇空港・那覇軍港はかつて巨大な「NAHA AIR BASE」だった

 
1970年の小禄

 第二次大戦後から1970年代にかけて、那覇市小禄には「NAHA AIR BASE」という巨大な米軍基地があった。

 戦前、日本軍によって作られた海軍小禄飛行場がその原型である。1972年に沖縄が本土復帰を果たした後、NAHA AIR BASE の滑走路機能を含む跡地一部が日本政府運輸省所管の那覇空港となり、大部分は日本の航空自衛隊那覇基地、陸上自衛隊那覇駐屯地へと引き継がれた。

 このような流れで、那覇空港は現在でも軍民両用空港となっている。港湾部分は引き続き「那覇軍港(ナハミリタリーポート)」として残り、今も米軍の管轄地である。また、一部地元に返還された土地では大規模な区画整理事業が行われ、金城地区を中心に住宅街の整備が進み、大型団地や今のイオン那覇などが建設された。

どれほど大きかったのか?

 NAHA AIR BASE がどれほどの大きさだったのか、返還された土地を元に紐解いてみよう。
 当時 NAHA AIR BASEだった土地の7〜8割は、現在も那覇空港、那覇軍港、自衛隊基地として運用されている。残りの約2〜3割、主にミリタリーハウジングとして使用されていたエリアが返還され、小禄の新しい街となった。イオン那覇やモノレールの小禄駅、赤嶺駅。産業支援センターや那覇西高校などがある一帯だ。

 このエリアには、ベース時代の名残を見て取れる興味深い箇所がいくつかある。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ