那覇空港・那覇軍港はかつて巨大な「NAHA AIR BASE」だった

 
1970年の小禄

 第二次大戦後から1970年代にかけて、那覇市小禄には「NAHA AIR BASE」という巨大な米軍基地があった。

 戦前、日本軍によって作られた海軍小禄飛行場がその原型である。1972年に沖縄が本土復帰を果たした後、NAHA AIR BASE の滑走路機能を含む跡地一部が日本政府運輸省所管の那覇空港となり、大部分は日本の航空自衛隊那覇基地、陸上自衛隊那覇駐屯地へと引き継がれた。

 このような流れで、那覇空港は現在でも軍民両用空港となっている。港湾部分は引き続き「那覇軍港(ナハミリタリーポート)」として残り、今も米軍の管轄地である。また、一部地元に返還された土地では大規模な区画整理事業が行われ、金城地区を中心に住宅街の整備が進み、大型団地や今のイオン那覇などが建設された。

どれほど大きかったのか?

 NAHA AIR BASE がどれほどの大きさだったのか、返還された土地を元に紐解いてみよう。
 当時 NAHA AIR BASEだった土地の7〜8割は、現在も那覇空港、那覇軍港、自衛隊基地として運用されている。残りの約2〜3割、主にミリタリーハウジングとして使用されていたエリアが返還され、小禄の新しい街となった。イオン那覇やモノレールの小禄駅、赤嶺駅。産業支援センターや那覇西高校などがある一帯だ。

 このエリアには、ベース時代の名残を見て取れる興味深い箇所がいくつかある。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ