那覇空港・那覇軍港はかつて巨大な「NAHA AIR BASE」だった

 
1970年の小禄

 第二次大戦後から1970年代にかけて、那覇市小禄には「NAHA AIR BASE」という巨大な米軍基地があった。

 戦前、日本軍によって作られた海軍小禄飛行場がその原型である。1972年に沖縄が本土復帰を果たした後、NAHA AIR BASE の滑走路機能を含む跡地一部が日本政府運輸省所管の那覇空港となり、大部分は日本の航空自衛隊那覇基地、陸上自衛隊那覇駐屯地へと引き継がれた。

 このような流れで、那覇空港は現在でも軍民両用空港となっている。港湾部分は引き続き「那覇軍港(ナハミリタリーポート)」として残り、今も米軍の管轄地である。また、一部地元に返還された土地では大規模な区画整理事業が行われ、金城地区を中心に住宅街の整備が進み、大型団地や今のイオン那覇などが建設された。

どれほど大きかったのか?

 NAHA AIR BASE がどれほどの大きさだったのか、返還された土地を元に紐解いてみよう。
 当時 NAHA AIR BASEだった土地の7〜8割は、現在も那覇空港、那覇軍港、自衛隊基地として運用されている。残りの約2〜3割、主にミリタリーハウジングとして使用されていたエリアが返還され、小禄の新しい街となった。イオン那覇やモノレールの小禄駅、赤嶺駅。産業支援センターや那覇西高校などがある一帯だ。

 このエリアには、ベース時代の名残を見て取れる興味深い箇所がいくつかある。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組前田鶏卵国場組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ