コロナ禍での都市対抗野球 沖縄県予選① 9年ぶりエナジック優勝

 
先制ホームインしたエナジックの國吉竜也選手

 社会人野球の象徴、第92回都市対抗野球大会沖縄県予選の決勝戦が8月21日、ANA BALL PARK浦添で開催され、エナジックがシンバネットワークアーマンズベースボールクラブ(以後シンバ)を3−0で破り優勝、9月28日からの第2次予選九州大会進出を決めた。

 エナジックは、2回戦で、沖縄県勢の絶対王者「沖縄電力」を1−0で破って勝ち上がり、決勝では、創立2年目の勢いのある「シンバ」を完封勝利でねじ伏せ、9年ぶりに第一代表権を獲得した。

自分たちの野球を貫く

 エナジックは、今年5月、日本選手権九州大会で、九州三菱自動車に3−13で7回コールド負けの大敗を喫し、チームの士気が一気に落ち込んだ。その後も負けが続き、技術より気持ちを変えないといけないと、キャプテン藤村捷人選手は毎日ミーティングを開く事を決意。

「都市対抗に出場するってあいまいに思うだけでなく、本気で向かおうと。今の野球をしていたらいけない。守りからリズムをつくって攻撃に繋げる“自分たちの野球”を貫き通そう。冷静に力を発揮しよう」と、毎日口酸っぱく仲間に話した。当初はふ〜んと聴いていただけの選手たちも、毎日言葉にすることで、どんどん本気度が増していったそうだ。

 石嶺和彦監督は「そろそろ選手一人一人にどう思っているのか聴こうかと思っていた矢先に、選手が自ら動き出した。目の色が変わっていってチームの雰囲気がどんどん良くなっていったね」と見守るだけだったという。

エナジック山下星也投手
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ