高嶺剛監督作品が大きな反響 台湾国際映画祭で特集上映

 

 今年の5月上旬、台湾でコロナが爆発的に増える直前、第12回台湾国際ドキュメンタリー映画祭(Taiwan International Documentary Festival)が無事に台北各地で開催された。2年ごとに開催される本映画祭は台湾で最大のドキュメンタリー国際映画祭だ。
 日本の山形国際ドキュメンタリー映画祭と年を分けて、元々は2020年に開催される予定だったが、コロナにより2021年に延期されていた。今回の目玉企画の一つは沖縄を代表する映画監督・高嶺剛の特集である。高嶺監督特集が海外映画祭で組まれることはとても貴重なことで、本来であれば高嶺監督も来台して「ライブシネマ」というスペシャルイベントを開催する予定だったが、渡航困難となったためイベントはキャンセルされた。

高嶺剛監督のドキュメンタリー?

『サシングヮー』映画スチール(Taiwan International Documentary Festival提供)

 なぜこのドキュメンタリー映画祭が高嶺監督の特集を企画したのか?と思いながら参加してみると、実は高嶺監督のフィルモグラフィはドキュメンタリー作品から始まったことを知った。

 今回の特集では合わせて6本の作品が選出され、その中には監督デビュー作である『サシングヮー』(1973年)と『オキナワン・ドリーム・ショー』(1974年)という実験的なドキュメンタリーがあった。京都教育大学在学中に8mmカメラを手に入れ、復帰前後の沖縄の「現在」を何かの「モノ」として掴もうとする思いも、若き時代に作られたこの2作品も、いずれも重たい記憶のようなムードに包まれている。

 一枚の家族写真を重ねていく手の体温を感じる『サシングヮー』は、1960年代で西洋で流行った実験映画の「手作り」フィルム感がある。そして、復帰前後の「記録詩」である『オキナワン・ドリーム・ショー』は現在から見れば貴重なアーカイブでもあり、「もう戻れない」沖縄の日常風景と音声、音楽を実験的に組み合わせ、アメリカの実験映画巨匠ジョナス・メーカスの影響も感じさせる、夢のような日記映画だ。

『オキナワン・ドリーム・ショー』映画スチール(Taiwan International Documentary Festival提供)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組前田鶏卵国場組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ