キングスU18が全国3位の好成績 Bリーグユース34チームが競う「チャンピオンシップ」

 
ゴール下に切れ込む須藤春輝(以下、写真は球団提供)

 プロバスケットボールBリーグのU18ユースチームがトーナメント形式で頂点を競うチャンピオンシップが13~16日、東京の駒沢オリンピック運動公園で開かれ、初出場した琉球ゴールデンキングスのユース「キングスU18」が3位に入った。大会ベスト5に選出された須藤春輝(那覇高校2年)は「ベスト4に入ることを目標に練習してきて、達成することができて良かったです」とコメントした。大会は北海道U18が2連覇を達成した。

持ち味の激しい守備で目標達成

大会3位の好成績を収めたキングスU18のメンバー

 大会にはB1、B2に所属する34チームのU18チームがエントリーした。2回戦から登場したキングスU18は初戦の山形U18戦を133-29で大勝すると、順調に勝ち上がり、目標に掲げていた4強入りを達成。準決勝では北海道U18に67-84で敗れたものの、3位決定戦では持ち味の激しい守備から流れをつくって横浜U18に85-42で勝利した。

 キングスU18は昨年4月に発足したばかりで、現在は高校2年生3人、1年生9人が所属する。

 与那嶺翼ヘッドコーチは「たくましくプレーした選手たちを本当に誇らしく感じています。この大会に初めて出場し、自分達の現在地や足りない部分が改めて浮き彫りになり、出場できたこと自体が次につながる素晴らしい経験になったと思います」と評価。その上で、次の大会となるエリート6に向け「課題を修正し、より良い結果が残せるよう、さらなる高みを目指して取り組んでいきます」とコメントした。

ドリブルでディフェンスを抜きにかかる宜保隼弥

 主力として活躍した宜保隼弥(糸満高校2年)は「個人の強みであるスティールと得点をコートで表現でき、チームに貢献できたと思います」と振り返った。チームとしては「セットオフェンスや速攻など良かった部分もありましたが、他チームとのシュート力の差や遂行力など課題も見付かり、練習で修正していきたいです」とさらなる成長を見据えた。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ