琉球コラソン、旧盆「ナカビ」に今季初勝利 「ご先祖様が見守ってくれた」

 
豪快なジャンプシュートを決める琉球コラソンの依田純真=8月11日、沖縄市体育館(長嶺真輝撮影)

 日本ハンドボールリーグの琉球コラソンは8月11日午後、沖縄市体育館で7位の湧永製薬と今季第5戦を行い、33-30で今季初勝利を飾った。通算成績は1勝4敗で勝ち点2となり、順位は一つ上げて12チーム中9位。就任後、初白星となった東江正作監督は、この日が旧盆の「ナカビ」に当たることを念頭に「ご先祖様が見守ってくてれたんだと思います」と嬉しそうに語った。

後半に速攻連発 仲程がトップの10得点

7メートルスローを放つ際に、重心を後ろにしてためをつくる仲程海渡

 立ち上がりこそ4連続得点を許して流れを持っていかれたコラソンだが、相手守備網の間を割って負けじと得点を重ね、徐々に盛り返す。終盤にはLW仲程海渡が速攻を立て続けに決め、1点リードで折り返した。

 後半1回目の攻撃。左に流れた司令塔のCB東江太輝主将がふわっと浮かせたパスを送り、仲程が空中でキャッチして決める「スカイプレー」が成功し、さらに流れを掴む。仲程が「あれは東江からの指示で、決めたらもっとチームが乗ると思っていたので、大きかったです」と振り返る通り、そこから速攻を連発して仲程やCB依田純真らが得点を重ね、リードを広げた。

相手守備の間を割ってシュートを放つ東江太輝

 その後、追い付かれる場面もあったが、「苦しい場面で太輝や田場が決めてくれた」(東江監督)とベテランが奮起し、わずかなリードを保って粘り勝ちを収めた。

 何度も速攻の先頭を走り、放った5本の7メートルスローを全て決め切ってチームトップの10得点を挙げた仲程は「久しぶりに、しかもホームで勝てて率直に嬉しいです。走るという自分の武器が生きたのも、チームでディフェンスを頑張ったからという部分が大きい。みんなが繋いでくれたボールなので、気持ちを入れて決めないといけないと思ってました」と笑顔で振り返った。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ