野球の「琉球ブルーオーシャンズ」一時休止 コロナ禍で経営厳しく

 

 沖縄初のプロ野球球団である琉球ブルーオーシャンズが11日、同日付けで活動を一時休止することを球団ホームページで発表した。2019年の発足直後からコロナ禍に見舞われ、厳しい経営状態に陥っていることが要因。現在「新たなスポンサーと協議中」とし、正式に決定次第、報告するという。

12月10日のトライアウトも中止

 現在、ホームページに記されている選手は6人。球団のSNSでは、今シーズン最後の合同自主トレが中止となった11日にも、室内で筋力トレーニングなどに汗を流す選手たちの様子をアップしていた。同日、12月10日に予定していたトライアウトも中止することを発表。チーム活動が再開後、再日程が決定後にリリースする予定という。

 「沖縄の地をリスペクトし、県民と共に歩み、共に繁栄する」を球団理念に掲げ、将来的には日本プロ野球機構(NPB)入りを目標に発足した琉球ブルーオーシャンズ。

 コロナ禍でほとんどまともな活動ができず、発表では「活動が大きく制限されるなど、厳しい経営環境下での舵取りを迫られました。その後も活動を続けてまいりましたが、長引く新型コロナの影響により、依然球団を取り巻く環境は厳しい状況にあり、今年度のチーム活動が終了しました本日を持ちまして、活動を一時休止することと致しました」と説明した。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ