朝ドラ「ちむどんどん」で県がオリジナルロゴ 「美味しい沖縄」アピール

 
沖縄県ホームページより

 沖縄の「食」をテーマの一つとしたNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」が4月11日から放送開始されるのを前に、沖縄県がプロモーションを行うためのオリジナルロゴマークを制作した。コンセプトは「ちむどんどんしながら、美味しい沖縄を”どんどん”盛り上げよう」。県事業のほか、県内事業者にも活用してもらい、沖縄の食を内外に広くアピールする。

「沖縄料理を食べ尽くす」

 ちむどんどんは「胸がワクワクする」ことを意味する。カラフルな色のロゴには、様々な意味を込めた。

 番組タイトルの「む」の文字の一部には本島北部地域の特産品であるシークワーサーの輪切りをかたどり、「沖縄」の文字の両脇には赤と黄色が特徴の沖縄の箸「うめーし」を配置。「沖縄料理を楽しく食べ尽くすことをイメージ」した。

 音符は沖縄の音楽を表し、タイトルを囲む輪は平和や和み、ゆいまーる(助け合い)、優しさを表現する。輪の上部はオレンジ色で太陽、青色の下部は海という意味を込めた。

県産品パッケージに添付で産業振興に

 用途は県事業で実施するイベントやウエブサイト、SNSなどで使用し、番組放送終了後のイベントでも使うことを想定する。沖縄県産品を取り扱う民間事業者の商品パッケージに添付することも調整しており、産業振興に繋げたい考えだ。

 使用申請は4月5日から開始する。準備が整い次第、県のホームページなどで公表する。

復帰50周年 やんばる出身兄妹の絆描く

 沖縄は今年で日本復帰50周年の節目を迎える。

 ちむどんどんは沖縄が米国統治下だった時代に本島北部の「やんばる」地域で育った4兄妹の次女・比嘉暢子(のぶこ)が、1972年の日本復帰と同時に上京し、西洋料理のシェフを目指す物語。遠く離れた家族の絆に励まされながら故郷の「食」に自分らしい生き方を見出し、沖縄料理店を開く。

 ヒロインの暢子は黒島結菜さん、母親役は仲間由紀恵さんといずれも沖縄出身の女優が演じる。脚本は「パッチギ!」や「フラガール」などの作品で知られる羽原大介さん。主題歌の「燦燦(さんさん)」を歌う三浦大知さんや、語りを務めるジョン・カビラさんなど沖縄出身の著名人が脇を固める。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  2.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  3.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  4.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で5連覇を果たし、5月13日には年間王者を争うチャ…
  5.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…

特集記事

  1.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  2. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  3.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ