FC琉球、倉貫ヘッドコーチが監督就任 「1年でJ2に昇格する」

 
代理監督を務めた試合で、ピッチに大声で指示を送る倉貫一毅ヘッドコーチ(当時)=6月11日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアム

 来シーズンからサッカーJ3に降格するFC琉球は28日、新監督に倉貫一毅ヘッドコーチ(43)が就任することを発表した。倉貫氏は2022年シーズンにも喜名哲裕氏からナチョ・フェルナンデス氏に監督が引き継がれる間の2試合で代理監督を務めた。

 倉貫氏は1978年11月10日生まれ。滋賀県出身。静岡学園高校を卒業後、1997年にジュビロ磐田でプロキャリアを開始し、ヴァンフォーレ甲府、京都サンガF.C.などでプレーした。2015年から指導者に転身し、徳島ヴォルティスでコーチやユース監督を経て、2022年にFC琉球のヘッドコーチに就いた。

 倉貫氏の就任コメントは以下。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 今シーズンは喜名、ナチョ前監督の下でヘッドコーチをさせていただきながら、チームをJ3に降格させてしまい、本当に申し訳なく思っております。

 そんな中でもクラブから監督就任のオファーをいただきました。降格させてしまった責任をどう取るのか、といろいろと考えましたが、監督として1年でJ2に昇格することで責任を取るんだという覚悟を決めました。

 そして、FC琉球は結果だけでなく、内容でもこだわりをみせることが重要だと思っています。FC琉球らしく、攻撃的で魅力的なサッカーをピッチで展開し、たくさんのファン、サポーター、スポンサーの皆さんと喜び合い、沖縄県全体をサッカーで盛り上げていきたいと思います。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ