ナオト・インティライミ、26日に沖縄で初の単独公演!「出会いが突き動かした」

 

沖縄でのバンドやダンサーを伴った初の沖縄公演を迎えるナオト・インティライミ(所属事務所提供、以下同)

 全国ホールツアー巡業中のナオト・インティライミのツアーファイナルライブ「ホップ・ステップ・スプリングみんな引き連れ、おまっとぅり」沖縄公演が26日、沖縄市のミュージックタウン音市場で開催される。バンドやダンサーを伴った沖縄での単独公演は初めての開催。昨年はきいやま商店のアルバムも全5曲プロデュースし、11、12日に行われた沖縄アリーナグランドオープニングイベントにも出演した。沖縄との縁を深めるナオト・インティライミに沖縄ファイナルへの思いと意気込みを聞いた。

出会いに突き動かされて実現

沖縄への思いを語ったナオト・インティライミ

 「特別な日になります!」

 沖縄公演の成功を覚悟をもって予告するナオト・インティライミ。今回のライブはフルバンド、ダンサーを引き連れて初の単独公演。披露するセットリストも県外と変わらないコンテンツを予定している。

 デビュー10周年も経て今年で12年目。「沖縄へツアーをもってくるのはアーティストにとってやっぱり敷居が高い。ずっとやりたいと思っていたけど実現しなかった」と地理的な難しさにも触れながら明かす。「でも難しいと言っていたらいつまで経ってもやらずに終わっちゃう」。そんなナオト・インティライミの背中を押したのは、この数年通っている沖縄での出会い。「沖縄でいろんな出会いがあればあるほど、県外でやっているショーと同じものをやりたいと思いが強くなった」という。
 
 その中の“3人”が、元々20年来の付き合いがあり「沖縄の大好きなにいにいたち」と親しみを込める石垣出身のきいやま商店。昨年はアルバム収録曲5曲を全プロデュースして、昨年7月にミュージックタウン音市場で行われたきいやま商店のライブにもサプライズ登場した。

きいやま商店とナオト・インティライミ

 聴いている人と一体となって笑顔になれる楽曲やライブの盛り上がりは「自分のスタイルと共通しているところがある」と感じている。ファンだけでなく初見の人にも印象を残すエンターテイメント性に富むトリオを「リスペクトしている」。きいやま商店の話になると、語り口調も沖縄訛りが2倍増し。26日のライブも「もちろんオープニングでゲスト出演します!」とアピールした。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ