ドイツリーグで優勝、日独”連覇” 沖縄から日本のパイオニアに 女子バスケ・安間

 
ドイツリーグのアイスフォーゲルでプレーする安間志織(本人提供)

 欧州でプレーするプロバスケットボール選手の安間志織(27)=北谷町出身、北谷中学ー福岡県・中村学園女子高校ー拓殖大学卒=が、日本女子バスケ界のパイオニアとして存在感を増している。

 昨季、ドイツリーグ「ブンデスリーガ」に所属するアイスフォーゲルUSCフライブルクに移籍し、自身初の海外挑戦にも関わらず、エースガードとして優勝に大きく貢献した。一昨季は日本女子のWリーグでトヨタ自動車アンテロープスを初優勝に導き、沖縄県勢としては初のファイナルMVPを獲得。「ヨーロッパでプレーする日本人がいない中で、道を作りたかった」と欧州挑戦を決意し、個人として日独連覇という快挙を成し遂げた。

来季はイタリア強豪へ 今週末には日本代表戦

 今月8日(現地時間)には、イタリアリーグ1部のセリエAに所属する強豪のウマナ・レイェ・ベネツィアに移籍することがチームから発表された。「人がやらない事をやるのが好き」と言う生粋のパイオニアは、歩みを止めない。

 リーグがオフシーズン中の安間は現在、今月18、19の両日に千葉ポートアリーナで行われる日本代表の国際強化試合に向け、代表合宿に帯同している。多忙な日々の合間を縫って、13日にオンラインでインタビューに応じた。

別リーグで2年連続ファイナルMVP

オンラインでインタビューに答える安間志織

 ブンデスリーガにおける安間の昨季レギュラーシーズンの平均スタッツは18.5得点、5.3リバウンド、6.3アシスト(全25試合だが、公式発表は23試合分)。162センチとリーグで最も小柄な選手の1人ながら、持ち前のスピードやハンドリング技術、高いシュート力を武器に司令塔として万能な活躍を見せ、チームを18勝7敗の2位でプレーオフ進出に導いた。

 プレーオフでは準々決勝を2勝1敗、準決勝を2勝0敗で勝ち上がり、決勝を3勝1敗で制して頂点に立った。決勝の最終第4戦はチーム2位の18得点を獲得。その活躍が認められ、一昨季のWリーグに続き、再びファイナルMVPに輝いた。

 海外挑戦の初年度で「まさか優勝するとは思ってなかった」と言うが、「自分で決めた事だから、行くからには自分なりに結果を残したかった。ずっと挑戦したかった事に挑戦できたこともすごい良かったです」と納得の表情を見せる。

「言葉の壁」も、コミュニケーションに工夫

 昨夏の東京五輪で過去最高成績の銀メダルを獲得し、今年2月時点のFIBA世界ランキングで8位につける日本のWリーグに比べ、39位であるドイツのブンデスリーガはレベルが劣ることは否めない。それでも日本の女子選手に対する馴染みが薄い欧州で、1年目からここまで存在感を発揮することは容易ではない。アイスフォーゲルが日本人と契約するのも初めてだった。

 安間自身が「みんなが何を言ってるのか全然分からなかったし、話についていけなかったです」と振り返る通り、初めは「言葉の壁」が立ちはだかった。通訳はいない。ドイツは母国語に加え、英語も「喋れない人が珍しいくらい」という環境だ。

 それでも、自分で決断したチャレンジ。前向きな姿勢を忘れることはなかった。

 「みんな私が分かるまで教えてくれたし、しんどいとは思わなかったです。分からない事は分からないと割り切ってましたけど、やっぱりみんなが何を言ってるかは知りたい。まだ自分の事をポンポン話すことはできないけど、今は少し聞き取れるようにはなってきました」

 コーチ陣も日本人の英語の先生を紹介してくれたり、何をチームメートに伝えたかったかを定期的に聞き取るなど、常に気を遣ってくれたという。

 司令塔のガードであるため、試合中に指示を出すことも多い。周りが言ってる言葉をコピーし、それを状況に合わせて使ったり、普段から練習の前後でじっくり話せる時にプレーの共通認識を高めるなど積極的にコミュニケーションを取った。

 選手の半分は10代という若いチームでもあり、チームをまとめるための工夫も重ねた。「スティールをした人やシュートを決めた人だけがいいわけじゃない。シュートの際にパスをした人や、横を走った人に声を掛けることも意識していました」と振り返る。

 単身異国に飛び込み、人としての成長も実感したようだ。

 「日本は施設が良くて、自分がやりたい時間にトレーニングができた。でもそういう環境じゃなかったから、『トレーニングが足りないから、ウエイトのジムない?』と聞いて、初めて『この子は困ってるんだ』と気付いてもらえる。まず自分から行動しないといけない。その中で、チームもファンも本当に私のことを気に掛けてくれた。人として成長できたと思います」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ