心と体の健康に ノルディックウォーキング 今帰仁村の取り組み

 

 約25年前、スキー選手の夏場の体力トレーニングを参考に北欧で考案され世界に紹介された「ノルディックウォーキング」。2本のポールを歩行のサポートにして使う。手を振って歩く自然な動作に少しポールで地面を突く意識を持てば、すぐ誰にでもできるようになる。この生涯スポーツとしても注目されるノルディックウォーキングのイベントを、今帰仁村では12年続けている。

一番桜ノルディックウォーキング

 今帰仁村から委託され村の総合運動公園の管理や介護予防、健康維持など村民や施設利用者のための運動プログラムを実施しているのが「総合型地域スポーツクラブなきじん」、通称NSC(ナスク)だ。そのNSCがこれらの事業と同時並行しながら開催しているスポーツイベントが「一番桜ノルディックウォーキング」。地元の誇る世界遺産、今帰仁城跡で行われる桜まつりと毎年時期を同じくして、やんばるの自然を、それぞれのペースで歩きながら楽しんでもらおうという意図がある。毎年100~120人ほどの参加者がいて、このイベントを楽しみに毎回県外から訪れる人も少なくない。

 今年は1月25日に開催されたが新型コロナの影響でPRはせず、体調チェックや手指消毒などがなされた上、参加を希望した日頃からのノルディック愛好者のグループや家族連れといった県内約40人が、やんばる路のウォーキングを楽しんだ。

好天に恵まれ

 今回は今帰仁村運動公園をスタートして、運天港を望む絶景が楽しめるワルミ大橋手前の「橋の駅リカリカワルミ」をゴールにした7kmコース、さらに進んで屋我地島を経由した後、古宇利島を目指す12kmコースの2つが設定された。

 ちなみに筆者は写真撮影を兼ねて12kmコースに参加。2時間半で無理なく完歩できた。ノルディックウォーキングは過去も参加したことがあったが、改めて特に上り坂ではポールが歩く助けになってくれると感じた。ポールを斜面に突く分、手首や二の腕に少し地面の抵抗を感じたが気になったり負担になったりするようなことは全く無かった。この日は23度まで気温が上がり、途中からは上着を脱ぎTシャツ姿で”やんばる路”を満喫できた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ