心と体の健康に ノルディックウォーキング 今帰仁村の取り組み

 

 7kmコースのゴールになった橋の駅では、旬の柑橘、タンカンなどを参加者が買い求める姿があったり、給水ポイントで今帰仁の湧水が振舞われたりと、スポーツツーリズムにつながる”今帰仁の魅力を伝える”ということもなされていると感じた。

主催者側の思い

 NSCの山内響(やまうち ひびき)クラブマネージャーは、使命とも語った「健康増進の場としてのノルディックウォーキング」を、村やコースとなった地域など関係者の理解と協力を得ながら継続できたと語った。

 「(コロナ禍でも)屋外イベントや来年のノルディックウォーキングにもつながるように、ぜひ実施したいと思っていました。これをきっかけにコロナ対策も含めて今帰仁村民の皆さんに対しても(運動)教室やイベントを通して、新型コロナ対策をしながら、運動をするきっかけをつくっていけたらと考えています。現状に合わせて工夫しながら、イベントも形を変えながら何年も重ねていけるものになればと思っています。」

NSC山内響クラブマネージャー

 またNSC理事を務め、介護予防運動指導員の資格を持つ矢貫明子(やぬき あきこ)さんは、この時期だからこそ”心の健康”にも目を向けたいと話した。

「不安に思っている方は無理をして外に出ることはないと思います。家の中でできることをするというのも一つですが、普段やっている生活を極端に変えることなく、外を歩いたりすることができて、近くでは話はできないけど距離を保ちながら人の顔を見たり、何か自分の心の元気になるようなことは大切だと思います。自分ができることというのは皆それぞれ違いますが、(運動して)免疫力を高めて、あまり引きこもりすぎないようにすることも大切ではないでしょうか。」

NSC矢貫明子理事
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」が世界自然遺産に正式決定する見通しだ。そのう…
  2.  6月末の沖縄県議会で、県立中部病院で発生した新型コロナウイルスのクラスターについての公表…
  3.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  4.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  5.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組前田鶏卵国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ