J2のFC琉球2021始動 3年目の樋口靖洋監督の覚悟

 
前列左から神野卓哉強化部長、上原牧人、中川風希、清武功暉、赤嶺真吾、樋口靖洋監督、後列左~澤田将、山下令雄、村瀬悠介、清水慎太郎


 2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に広がる空と、ぽかぽか陽気、そして選手たちの笑い声。このピッチ上だけをみると、沖縄県独自の緊急事態宣言が出ていることを忘れさせてくれる。


 前日の19日、9人の新しいメンバーが加わった今季の新体制と、新しいスローガン「FORWARD琉球進撃」が発表された。樋口靖洋監督は「3年間の変化したユニフォームをみると、積み重ねてきたんだという思いがある。沖縄と共にもっと強くなろう」と強い意志を示した。

「自由にやらせてもらった」

 2021年はJ2昇格から、そして樋口監督が指揮をとって3年目の節目のシーズンになる。いつ何時も非常に真摯に対応し、試合後の会見もとてもわかりやすく話してくれる樋口監督は、今回の新加入発表会見の席で、新加入全ての選手の特徴、個性、そして彼らが琉球の今の課題を補う点を自ら説明してくれた。実際に自分の目で彼らの練習や試合を見、確信して獲得したことがわかる。

お互いの名前を呼び合ってコミュニケーションアップ

 中でも、「対戦相手として見たときに、なぜそんなに使われていないんだ?チームに合わないのか?嫌らしい選手なのにと思っていた」。と正直に話し、「ごめんねー、言い方よくないけど」と選手に会見場で謝ってしまうシーンもあった。

 選手から見た監督の印象を記者が質問すると、2017年8月から3ヶ月間のみFC琉球で戦った中川風希選手には「自由にやらせてもっていた・・・あまり印象・・ないです」と言われてしまい、記者会見場に笑いが起こるほどだった。

新加入・赤嶺真吾選手を紹介する樋口監督


 そんな樋口監督に昨年の大変さを聴いてみた。

 「大変ってもう全てが大変よ。どのチームもそうだったと思うけど。一番は過密日程。(通常1週間に1試合のところ、昨年は1週間に2試合となった)昨年は少数精鋭として27人でスタートしたので、けが人が出たらもうやりくりが大変で大変で・・。それと無観客。声援がないのはプロとしては非常につらい。やはりサポーター、ファン、スポンサーあってのプロだからね。ほんと、サッカーが日常にあることが大事。サッカーは人生を豊かにできるもん。サッカーができること、サッカーが日常にあることに感謝しかないね」。と笑顔を見せた。 

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ