女優・柴田千紘の沖縄めぐり 大花火発射権を15万で買った男の末路編

 

 旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た”冬の沖縄”を素直な視点で描いてもらう紀行文日記の第3弾。今回はうるま市の花火大会の裏側にあったこんなドタバタ劇を紹介。訳あって「花火の発射ボタン」まで車で急行する柴田さんの運命やいかに!


 こんにちは!

 1月16日に、うるま市で花火があがったのをご存知ですか?どこまでの範囲で見られたんだろう?「不滅のうるま~新炎柱編~」がコミュニティラジオ局FMうるまで放送され、ニコニコ動画でも生配信されたので画面越しに見た方も多かったんじゃないでしょうか?

 当日はHYからのメッセージVTRがあったりもしたらしく、
花火打ち上げ後もTwitterやFacebookで「コロナに負けないぞ!」「泣けてしまった」「元気出た!」など、この状況でそれぞれが抱える問題と結びついた感想をたくさん目にした。

 そんな熱い花火を、実は筆者柴田も見ていました。

 この日は風が強くて雨も少し降っていて花火が本当にあがるのか?と心配になっていたけど、本当に綺麗にあがっていました。

動画のスクリーンショットより

15万円つぎ込んだ男の地元愛

 さて、その花火大会の影でこんなことがあったのです。

 まず数年前から私の沖縄の友人であるコジャトモヤスという男(以下コジャくん)が「15万円で花火を打ち上げるボタンを押す権利を買った!」と言うのだ。
そしてクイズ番組で使うような(実際あんなに安っぽいのは使わないはず)ボタンを押す練習をしていた。私は「ボタンを押す」練習なんて人生で一度もしたことがない!

 この彼は前にも同じような変態な買い物をしていたときがあった。
 「キングコング西野亮廣とサシ飲みする権利 100万円」だ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ