女優・柴田千紘の沖縄めぐり 大花火発射権を15万で買った男の末路編

 

 旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た”冬の沖縄”を素直な視点で描いてもらう紀行文日記の第3弾。今回はうるま市の花火大会の裏側にあったこんなドタバタ劇を紹介。訳あって「花火の発射ボタン」まで車で急行する柴田さんの運命やいかに!


 こんにちは!

 1月16日に、うるま市で花火があがったのをご存知ですか?どこまでの範囲で見られたんだろう?「不滅のうるま~新炎柱編~」がコミュニティラジオ局FMうるまで放送され、ニコニコ動画でも生配信されたので画面越しに見た方も多かったんじゃないでしょうか?

 当日はHYからのメッセージVTRがあったりもしたらしく、
花火打ち上げ後もTwitterやFacebookで「コロナに負けないぞ!」「泣けてしまった」「元気出た!」など、この状況でそれぞれが抱える問題と結びついた感想をたくさん目にした。

 そんな熱い花火を、実は筆者柴田も見ていました。

 この日は風が強くて雨も少し降っていて花火が本当にあがるのか?と心配になっていたけど、本当に綺麗にあがっていました。

動画のスクリーンショットより

15万円つぎ込んだ男の地元愛

 さて、その花火大会の影でこんなことがあったのです。

 まず数年前から私の沖縄の友人であるコジャトモヤスという男(以下コジャくん)が「15万円で花火を打ち上げるボタンを押す権利を買った!」と言うのだ。
そしてクイズ番組で使うような(実際あんなに安っぽいのは使わないはず)ボタンを押す練習をしていた。私は「ボタンを押す」練習なんて人生で一度もしたことがない!

 この彼は前にも同じような変態な買い物をしていたときがあった。
 「キングコング西野亮廣とサシ飲みする権利 100万円」だ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ