女優・柴田千紘の沖縄めぐり 大花火発射権を15万で買った男の末路編

 

 100万円ですよ?! 

 正気の沙汰とは思えないけど、その時コジャくんがそれを買っていなければ、そもそも私はコジャくんと出会ってないかもしれない。

 私はその時期、アメリカから帰ってきたばかりで時間だけはたっぷりあるホームレスだったので、長崎でバッタリ西野さんに出逢ってからというものすっかり、使いっぱしりにされる代わりに生かしてもらえる「酔っ払い屋さん」になっていた。

 自分とのサシ飲みに100万も払っちゃった青年になんとかお礼をしたい西野さんによって私は沖縄に飛ばされて、コジャくんのお母さんがされてるゲストハウスに泊まりにいったのが、コジャくんとの出会いだった。

 100万円もそんなことに使えるなんて、さぞお金持ちの坊ちゃんなんだろうと思うかもしれないけど、そんなことはない。むしろ頻繁に「無職になった」と言ってるし、一文無しになっている。 

 ふつうに貯金してきた100万円を酔ったノリで全部使ってしまったかと思ったら、またアルバイトでコツコツ貯めた15万円でボタンを押そうとする。

 もしかしたら一文無しになるのが趣味なのかもしれないけど、
これも誰かのためにお金を使おうとするコジャくんの母ちゃん想い、友達想い、うるま市想い、沖縄愛、なんじゃないかと思うのです。

宿はモンゴルのゲルがモチーフ

 今回の花火のプロジェクトは、リゾートコンドミニアム型宿泊施設・うるまドーム(https://urumadome.com/)を運営されるなどしている多田進吾さんが立ち上げたらしく、
①支援金は全てうるま市へ寄付
②うるま市の認知度を上げること
と目標を掲げてクラウドファンディングをしていました。

宿泊施設・うるまドームのHPより(https://urumadome.com/)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ