宮古島でこんなにワイン飲めるの? 独自の“ナチュール文化”事情

 
「ボックリーのチョッキ」で語らう鴇澤研二さん(中央)と砂田文生さん(右)

 宮古島には「自然派ワイン」を豊富に扱ういくつかの店舗がコミュニティを作って独特の“ワイン文化”を築いており、実は全国的にも密かに注目されている。

 自然派ワインはフランス語で「ヴァン・ナチュール」。ここ数年で徐々にその存在が広がってきており、好んで飲む人たちからは「ナチュール」と呼ばれて親しまれている。那覇市内でナチュールワインをグラスで飲める店はあまり多くないが、宮古島では数種類のボトルをグラスで楽しめるほど日常に入り込んでいる。

 宮古島でナチュールワインが定着する起点になったダイニングバー「ボックリーのチョッキ」(以下ボックリー)店主の鴇澤研二さんと、かつてボックリーに在籍し現在はワインバー「酒と旅 ガリンペイロ」を営む砂田文生さんに話を聞いた。

知識よりも先に飲む風土

 ボックリーがナチュールを取り扱い始めたのは、鴇澤さんの前の経営者が店を営んでいた2001年ごろ。ナチュールを輸入するインポーターの妻が宮古出身で、経営者と繋がりがあってワインを紹介され、店に置くようになった。

「もともとワイン文化がなかった宮古島に急にぶちかましてきた感じだと思う。もちろん当時はナチュールであることを強調する訳でもなかったし、『ナチュール』とか『自然派ワイン』という言い方もそこまで一般的ではなかった」(鴇澤さん)

宮古島のナチュール受容について語る鴇澤さん

 宮古島でメインに飲まれている酒はもちろん地元で造る泡盛だ。前口上を述べてグループ全員で同じ杯を回す「オトーリ」という飲み方も有名で、とにかく飲む。
「宮古ではもともとカッコつけて飲んでいられない気風があって、気取らずに飲むナチュールの日常感との相性が良かったんだと思う」と語る砂田さん。店でワインを飲む客は「ウンチクを語る暇もなく」飲んでいったという。

「店主とお客さんとの信頼関係の中で、知識よりも先にとりあえず“飲むこと”があった。そこで受け入れるか受け入れないかというセッションのようなやりとりがある」と鴇澤さん。
 ワインというと、「高級」とか「難しい」という漠然としたイメージが先行して飲む側が勝手にハードルを上げてしまうことが多々ある。だがボックリーでは「こんなのあるけど飲みません?」「だぁ、飲んでみよう」という最短最速のやりとりでナチュールが飲まれ、徐々に日常に溶け込んでいった。

「このワイン好きだと思いますよ、と詳しい説明もなくボトルを出してくるのが良いと言うお客さんもいるくらいだから」と砂田さんは笑う。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ