那覇最古の居酒屋「民芸酒場 おもろ」が確かに“実在”するうちに 女優・柴田千紘の沖縄めぐり

 

 旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう紀行日記。今回は柴田さん行きつけの知る人ぞ知る居酒屋の話。沖縄の芸能にも縁が深く、歴史もあるこのお店で飲むお酒はどんな味なのでしょう。


 

 はいさい!
 気づけば沖縄にいる柴田千紘です。

 今回沖縄にいた1ヶ月弱の日々も皆勤賞で毎日飲んでいたお酒好きでもある私なんですが、感受性の強い知人や、せんべろの賑やかな居酒屋しか知らない若い子にも薦めたくなる大好きなお店が那覇の国際通りから少し入ったところにあります。

 屋台村を青島食堂のほうに出て左にいくとボロボロ…といったら悪いけど明らかに周りとは違う建物で、営業中はぼやぁっと看板が灯る「おもろ」がそのお店。

「おもろ」の外観

 それは本当に魔法のように、狸に化かされたように、神隠しにあったように、、、ピントが合った人にしか見つからないような不思議な佇まいであります。
 ここって、あったりなかったりする小道の駄菓子屋やトンネルみたいな、昔見たファンタジーの導入に似た魔力がある気がしてならないのですが、今はちゃんとGoogleマップで検索しても出てくるので多分毎日存在しています。

 この「おもろ」、近いうちに立ち退きでなくなってしまうらしいのです

 来年には本当に探しても見つからない幻になっているかもしれない。今のマスターのおじいちゃんにあたる新垣盛市(あらかきせいいち)さんが「民芸酒場 おもろ」を創業したのは1953年のこと。

 沖縄の言葉で「想い/想う」を意味する「おもろ」の名付け親は南風原朝光(はえばるちょうこう)さん。最初は5人入ったら満席みたいな小さな場所でやっていて10年ほどして今の場所に移ったそうです。

 新垣さんと親交のあった人間国宝と言われる陶芸家や詩人が通い、その取り巻き、そして新聞記者や経済の人たちもそこに集まってくる…といった感じで輪ができていたようです。トップの人間たちが集い、その人間が持ってきて置いていく絵や詩や焼き物が集まり、今のお宝の博物館のようなおもろの歴史が刻まれていきました。

カウンターに濱田庄司夫妻とバーナードリーチ夫妻、後ろに大嶺 政寛(画家)、おもろ店主、新垣栄三郎(陶芸家)

 ちなみにおじいちゃんは凧作りの名人だったらしい!その凧もおもろのカウンターで飲んでると見つけることができます。

お宝がずらり。好きな人はこれを眺めてるだけでお酒が進むことでしょう

 カウンターに座ると目の前の布に書いてある詩はこの時代ここに集まる人達が「雲の上の存在」と口を揃えた有名詩人の山之口漠さんが書いたもの。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ