守れ超ローカルの味たち 糸満に集う「島豆腐フェスタ」企画者・金城さん

 

 沖縄料理には欠かせない食材・島豆腐の魅力を再発信しようと、2月28日に糸満市の糸満市場いとま~るで「島豆腐フェスタ」の開催に向けて尽力する男性がいる。会社員の金城直弥さん(35)=豊見城市=だ。金城さんは、消費が減少傾向にある島豆腐の魅力を再発見してもらうことで、各地域に愛される豆腐店1軒1軒の味を伝え「島豆腐の多様性」を守ろうと奮闘している。各店の豆腐をモチーフにしたトレーディングカード「島豆腐カード」の制作計画も進行中だ。
(2月12日追記 島豆腐フェスタは新型コロナウイルスの影響で延期となりました)

フェスタで「食べ比べ」の機会

 「島豆腐フェスタ」は金城さんが企画する「島豆腐プロジェクト」の一環だ。県内の島豆腐やゆし豆腐の食べ比べを軸に、初回は糸満市内約10の豆腐店に声かけをしての開催を目指す。「島豆腐は(1パックあたりの)量があるので個別に購入して食べ比べするのがなかなかできません。イベントでぜひ各豆腐の違いを感じてほしいです。シンプルな材料や製法だからこそ、全工程が大切になってくると思います」

 また、このイベントに合わせて島豆腐を使ったオリジナルアレンジ料理を紹介するなど、新たな視点での島豆腐の楽しみ方を提案するタイミングを作り出す狙いもある。

各店の情報を一元化 目指すガイド本制作

 「豆腐は好きではありますが、もともと大好きでたまらないという訳ではありませんでした」という金城さんが、島豆腐に強い関心を持ったのが、結婚して移り住んだ豊見城市内のある地域でこれまでに見たことのない島豆腐の銘柄を目にしたことだった。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ