漂着軽石を赤土に混ぜてもレタス育つ 沖縄美ら島財団調査

 

 一般財団法人沖縄美ら島財団(沖縄県本部町)はこのほど、昨年10月から沖縄県内の海岸に漂着している軽石について、農業資材として活用できる可能性が示されたという調査結果を発表した。赤土(国頭マージ)に対して軽石をそれぞれ25%、50%を配合してリーフレタスを栽培した結果、赤土単体で栽培した場合とほぼ同じ収穫量があった。

 調査は昨年11月29日から12月27日の28日間で行われた。軽石は、脱塩処理のため流水に48時間さらしたものと、脱塩処理を施してないものの2種類を使った。その結果、脱塩の有無に関わらず、赤土と軽石を混ぜてリーフレタスを栽培しても、生育には有意な影響が見られなかった。

沖縄美ら島財団プレスリリースより

 同財団は「鉢物での園芸利用に軽石を活用できることが分かった」と結論付けている。今後は「国頭マージ」(沖縄島中北部・石垣島・久米島など)だけではなく、「ジャーガル」(沖縄島中南部や宮古島の一部)、「島尻マージ」(沖縄島中南部・本部半島など)といった土壌での活用についても継続して調査していくという。

 漂着海岸で除去され、仮置き場に山積みにされた軽石は、その処理や利活用について、沖縄県としても対策会議などで解決を急いでいる。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ