自店HPで他店商品販売 コロナ禍 助け合いの連鎖 ブエノチキン浦添

 
「世界のブエノチキン合同会社」の浅野ブエコ朝子社長

 県産若鶏の丸焼き専門店・ブエノチキン浦添を運営する「世界のブエノチキン合同会社」(浦添市、浅野ブエコ朝子社長)は、長引くコロナ禍よる営業不振から同業の飲食店をサポートしようと「美味しいトリくみ大作戦」と題して、他店の商品を自店のネットショップにて販売している。多い時には約20万アクセスが集まる月もあるなど高いネット集客力を強みに、店舗同士の横のつながりで助け合うのが狙いだ。
 「みんなが苦しい時に自分たちだけが安定した売上を立てていても幸せじゃない」というブエコ社長の想いから始まった同プロジェクト。提携店舗は定期的な現金収入を得ることができるなど、事業継続に一役買っている。

広げた人気がネットショップの影響力に

 ブエノチキン側がまとまったロット数を卸値ではなく売価で買い上げ、在庫リスクごと抱え込む。利益は全て提携店舗に渡る。購入者へは自社商品と同時に梱包するので追加の送料は発生しない。

https://www.buenourasoe.com/onlineshop/

 コロナの時代を迎えて、飲食業界も宅配やウェブを活用した多角的な収益モデルの構築に迫られている。しかし経験やノウハウに乏しい店舗も多く、新規事業を立ち上げても軌道に乗せるのまでに数年単位が掛かってしまう。集客が好調なブエノチキンのネットショップには同店とのコラボ商品が並び、新たなファン層獲得にもつなげる。

 好調なネットショップ事業の秘訣は何か。ブランドイメージの構築やSNSでの効果的な発信はもちろんのこと、大切なのは「対面でのコミュニケーション」だという。
 ブエコ社長は「SNSにおいて写真のセンスが大事といえばそうなんですけど、今はアプリの力を借りるとセンスの部分はある程度取り入れることができます。でも‘映え’はあくまで表面のもので、商品の本来の魅力を伝えるのが本質だと思うんです」と話す。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ