自店HPで他店商品販売 コロナ禍 助け合いの連鎖 ブエノチキン浦添

 
「世界のブエノチキン合同会社」の浅野ブエコ朝子社長

 県産若鶏の丸焼き専門店・ブエノチキン浦添を運営する「世界のブエノチキン合同会社」(浦添市、浅野ブエコ朝子社長)は、長引くコロナ禍よる営業不振から同業の飲食店をサポートしようと「美味しいトリくみ大作戦」と題して、他店の商品を自店のネットショップにて販売している。多い時には約20万アクセスが集まる月もあるなど高いネット集客力を強みに、店舗同士の横のつながりで助け合うのが狙いだ。
 「みんなが苦しい時に自分たちだけが安定した売上を立てていても幸せじゃない」というブエコ社長の想いから始まった同プロジェクト。提携店舗は定期的な現金収入を得ることができるなど、事業継続に一役買っている。

広げた人気がネットショップの影響力に

 ブエノチキン側がまとまったロット数を卸値ではなく売価で買い上げ、在庫リスクごと抱え込む。利益は全て提携店舗に渡る。購入者へは自社商品と同時に梱包するので追加の送料は発生しない。

https://www.buenourasoe.com/onlineshop/

 コロナの時代を迎えて、飲食業界も宅配やウェブを活用した多角的な収益モデルの構築に迫られている。しかし経験やノウハウに乏しい店舗も多く、新規事業を立ち上げても軌道に乗せるのまでに数年単位が掛かってしまう。集客が好調なブエノチキンのネットショップには同店とのコラボ商品が並び、新たなファン層獲得にもつなげる。

 好調なネットショップ事業の秘訣は何か。ブランドイメージの構築やSNSでの効果的な発信はもちろんのこと、大切なのは「対面でのコミュニケーション」だという。
 ブエコ社長は「SNSにおいて写真のセンスが大事といえばそうなんですけど、今はアプリの力を借りるとセンスの部分はある程度取り入れることができます。でも‘映え’はあくまで表面のもので、商品の本来の魅力を伝えるのが本質だと思うんです」と話す。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ