自店HPで他店商品販売 コロナ禍 助け合いの連鎖 ブエノチキン浦添

 

 お客さんとの気さくな会話の中で、おいしい食べ方やこだわり、お店の歴史を伝えるなどした結果、親近感を持った人々が口コミで人気を広げていったという。
 「結局は人と人の“土っぽい”つながりなんだと実感しました。店と客だけでなく、店と店、店と地域のつながりも結局人ありきなんですよね」

元々のイートインスペースはネットショップの出荷拠点に(浦添市内間 ブエノチキン)

販売利益は全て提携店舗へ

 提携店舗のひとつ、ヴィーガン料理を提供する浮島ガーデン(那覇市松尾)。県産有機無農薬の農産物にこだわっている。同店からは「ベジタコライス」と「沖縄麻炭デトックスコーラ」がラインナップされる。

 浮島ガーデンの中曽根直子さんは、企画の提案を受けた時に驚いたという。「店頭売価での買い取り、掛け取り引きではなく即日決済。この条件は本当に粋だと思いました。コラボというか、一方的にやってもらっているという感じですよね。『ブエノチキンがレコメンドするなら』という信頼も、先方の購買層に届いたのではないかと思います。おかげさまで、オリジナル商品の新パッケージラベルの製作費を得ることができました」

 この感謝の気持ちに対して、ブエノチキンのブエコ社長はこう話す。
「浮島ガーデンは‘ベジ’のお店なのにも関わらず‘ニク’のブエノチキンのことをかねてより各所で紹介してくれていた。今回の企画は逆に恩返しです」

浮島ガーデンの中曽根直子さん
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ