キッチンカーで県内駆け回る ヴィーガン料理40種類、高まる健康志向

 

 沖縄県内を駆け回るキッチンカー。肉、魚、乳製品などの動物性食材を使わず、野菜や穀物などの植物性食材のみを使用した県内でも珍しいヴィーガン料理を提供しているのは「六屯(ろっとん)」。英国のパンクロックバンド「セックス・ピストルズ」のボーカリストの名前から名付けた。店主は音楽好きな小坂直樹さん(34)=八重瀬町=だ。妻の弓絵さんと(34)長女の凜ちゃん(3)、長男の三(みち)ちゃん(1)の家族4人で店頭に立つ。さらに、年明けから北谷町に新店舗もオープンする予定だ。

ロック好きが生んだヴィーガン専門店

 赤、黄、カラフルなキッチンカーに、赤髪の店主・小坂さん。路上に立つと一際目立つ存在に引き寄せられる。小坂さんは、ロックを通して知り合ったヴィーガンに親しむ欧米の友人が沖縄を訪れた際、「肉料理ばかりで沖縄で食べられるものがない」という話を聞き、ヴィーガンに着目。独学で学んだ。飲食業を目指すも条件にあった店舗が見つからず、八重瀬町商工会の知人に相談。「キッチンカー があるよ」と紹介され、「修行のつもり」とキッチンカーで起業した。「最初はヴィーガンは全然詳しくなくて、コロッケが好きでヴィーガンのコロッケ専門店として起業した。今はヴィーガン専門店に屋号を変えて、40種類以上のメニューを提供している」と色鮮やかなメニューが店頭に並んでいる。

 起業して3年目、県内でも数少ないヴィーガン料理の専門店として県内各地のイベント出店やメディアで特集され、企業とコラボしたCMにも出演するなど知名度が上昇。ヴィーガンの人以外にも、健康志向や肉好きなど多くのリピーターが付いている。
 さらに、パンクカルチャーがヴィーガンと密接に関係していたこともきっかけのひとつといい、小坂さんのロック好きが伺える雰囲気がキッチンカーや店頭から醸し出されているのもお店の魅力だ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  2.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…
  4.  9月11日は沖縄県知事選挙の投開票日。その日は他にも、県議補選(那覇市・南部離島選挙区)…
  5.  沖縄県の八重瀬町出身で、3人制バスケットボール(3×3)の元女子日本代表である伊集南さん…

特集記事

  1.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  2.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
  3.  コロナ禍に突入してもう2年半が過ぎた。「もうすぐコロナ禍が終わるはずだ」と希望を抱き続け…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ